『ポケットモンスターソード・シールド エキスパンションパス』PV公開!第1弾「鎧の孤島」は6月17日夜配信へ

スポンサーリンク

ポケモンは、Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスターソード・シールド エキスパンションパス』のプロモーションムービーを公開し、第1弾「鎧の孤島」を6月17日夜に配信すると発表しました。価格は2,980円(税込)です。

スポンサーリンク

エキスパンションパス プロモーションムービー

【公式】『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』プロモーション映像

第1弾「鎧の孤島」について

ガラル地方に存在する新たな舞台「ヨロイじま」。「ヨロイじま」は、海に浮かぶ巨大な孤島で、波が打ち寄せる砂浜や、森林、湿原、鍾乳洞、砂丘など、これまでのガラル地方には見られなかった自然が広がっています。島には、ポケモンバトルの道場があり、主人公は道場の師範であるトレーナー「マスタード」に弟子入りし、ポケモンたちと共に修行に励みます。

シェルダーに噛みつかれた刺激で、ガラル地方のヤドンの体内にあるスパイスが化学反応を起こし、どくタイプへと変化。シェルダーが無意識に腕を強く噛むことがあり、噛まれた場所がむず痒くなると、腕を振り回して無差別に殴りかかってくるため、非常に危険です。

新たに発見されたポケモン

ヤドラン(ガラルのすがた)

噛みつかれたショックでどくタイプに

シェルダーに噛みつかれた刺激で、ガラル地方のヤドンの体内にあるスパイスが化学反応を起こし、どくタイプへと変化。シェルダーが無意識に腕を強く噛むことがあり、噛まれた場所がむず痒くなると、腕を振り回して無差別に殴りかかってくるため、非常に危険。

強敵との勝負は早撃ちガンマン

いつもぼーっとしているが、強敵と対峙すると、体内の刺激物質が全身を駆け巡り体中の神経が刺激される。すると、目つきが鋭くなり、早撃ちガンマン顔負けのスピードでシェルダーを構え、先端から毒液を噴射し撃ち抜く。

ヤドラン(ガラルのすがた)だけが覚える技「シェルアームズ」

シェルアームズは、腕に噛みついているシェルダーの先端から毒液を噴射して攻撃するどくタイプの特殊技。相手をどく状態にすることがあるだけではなく、物理、特殊で与えるダメージを比べ、より高いダメージを与えられる方で攻撃を行う。

フシギバナ(キョダイマックスのすがた)

身体を覆う巨大な花

キョダイマックスの力により、背中の花は身体を覆うほどに拡大。その花弁は非常に分厚く、弾力性に優れているため、生半可な攻撃は弾いてしまう。
バトルの際には、強靭な花弁を盾に2本の太いツルを振るい攻撃する。

花から噴き出す大量の花粉

背中の花からは、山が噴火しているようにも見えるほど、大量の花粉が放出される。この花粉は、吸い込むとくしゃみが止まらなくなり、大量に吸い込むと意識を失ってしまうこともある模様。一方で、植物を活性化させる効果があり、花粉が撒かれた場所には大きな草木が生い茂ると言われている。

キョダイマックスわざ「キョダイベンタツ」

キョダイマックスしたフシギバナが繰り出すくさタイプの攻撃は「キョダイベンタツ」に変化。

「キョダイベンタツ」は、攻撃によるダメージだけでなく、くさタイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける効果がある。

カメックス(キョダイマックスのすがた)

増大した甲羅の噴射口

身体の巨大化に合わせて、水流を放つ甲羅の噴射口も増大。その数は、大小合わせて31門にも及び、状況に合わせて大砲を使い分ける。戦闘時には、狙いを定めず多数の噴射口から豪快でパワフルな攻撃を行い、手数で相手を圧倒する。

破壊力抜群の主砲

甲羅の中心にある主砲は非常に強力で、放たれる水流が山に穴を開けたという伝説がある。また、主砲を取り囲む12門の大砲は自在に向きを変えることができ、地上だけでなく、上空を含む全方位に向けての攻撃が可能。

キョダイマックスわざ「キョダイホウゲキ」

キョダイマックスしたカメックスが繰り出すみずタイプの攻撃は「キョダイホウゲキ」に変化。

「キョダイホウゲキ」は、攻撃によるダメージだけでなく、みずタイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける効果がある。

伝説のポケモン「ウーラオス」だけが覚える技

ウーラオスには、「いちげきのかた」と「れんげきのかた」の2種類のフォルムがあり、それぞれの「かた」によって、異なる技とキョダイマックスわざを覚えることができる。

ウーラオス(いちげきのかた)が覚える技「あんこくきょうだ」

あくのかたを極めたウーラオスによって放たれる強烈な一撃。この技は、必ず相手のきゅうしょに当たるため、相手の能力変化などの影響を受けることなく攻撃をすることができる。

ウーラオス(れんげきのかた)が覚える技「すいりゅうれんだ」

みずのかたを極めたウーラオスが放つ流れる様な三連撃。この技は、必ず相手のきゅうしょに当たるため、相手の能力変化などの影響を受けずに攻撃をすることができる。

特性「ふかしのこぶし」

ウーラオス(いちげきのかた)とウーラオス(れんげきのかた)だけが持つ特性「ふかしのこぶし」は、本作から登場する新しい特性。この特性によって、相手に接触する技を使用した時には、「まもる」などを使って攻撃から身を守ろうとしている相手に対しても、ダメージを与えることができる。

キョダイマックスわざ「キョダイイチゲキ」「キョダイレンゲキ」

キョダイマックスしたウーラオス(いちげきのかた)が繰り出すあくタイプの攻撃は「キョダイイチゲキ」に、キョダイマックスしたウーラオス(れんげきのかた)が繰り出すみずタイプの攻撃は「キョダイレンゲキ」に変化する。

「キョダイイチゲキ」と「キョダイレンゲキ」は「ダイウォール」や「まもる」などを使って攻撃から身を守ろうとしている相手に対しても、ダメージを与えることができる。

第2弾「冠の雪原」について

第2弾「冠の雪原」では、雪が降り積もり、白銀の景色が広がる「カンムリせつげん」が舞台。険しい雪山がそびえ立つ極寒の地で、人々は小さな集落で、寄り添いながら暮らしている。

「カンムリせつげん」で出会う新たな登場人物

ピオニー

「カンムリせつげん」にまつわる、幾つかの伝説のポケモンの言い伝えを確かめるために、娘とこの地へ探検に訪れ、「カンムリせつげん」に到着した主人公と出会います。人の話を聞くのが苦手で、豪快な振る舞いが目立つ彼ですが、娘思いの優しい一面も持ち合わせています。

新たに発見された伝説のポケモン

レジエレキ

レジドラゴ

「フリーザー」「サンダー」「ファイヤー」によく似たガラルの姿の伝説のポケモンが姿を見せることも

歴代の伝説のポケモンたちが集結

巣穴のダイ調査「ダイマックスアドベンチャー」

「ダイマックスアドベンチャー」は、4人のトレーナーでダイマックスポケモンが生息しているといわれる巣穴を調査する遊び。

調査の道中で野生のダイマックスポケモンと出会ったときは、4人のトレーナーで協力してマックスレイドバトルに挑む。この巣穴の奥では、伝説のポケモンとも出会える模様。

バトルに勝利すれば、そのポケモンを捕まえられるチャンスが訪れるが、敗北してしまうと巣穴の外に弾き飛ばされてしまう。

ガラルスタートーナメント

第2弾「冠の雪原」での冒険を進めていくことで、ガラル地方の「シュートシティ」で「ガラルスタートーナメント」が遊べるようになります。このトーナメントでは、『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場したあのキャラクターたちとの対戦や、共闘を楽しむことができます。