80種類以上の衣装があらゆるアクションを可能にする『バランワンダーワールド』発売日が3月26日に決定。最新映像もお披露目

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスのアクションゲームブランド「BALAN COMPANY」が手掛ける新作アクション『バランワンダーワールド』の発売日が2021年3月26日に決定しました。対応プラットフォームはPS5/Xbox Series/PS4/Xbox One/Switch/Steamです。

  • 冒険の舞台「ワンダーワールド」には、現実世界の人々のポジティブな心に影響される「ティムズエリア」と、悩みを抱えたワンダーワールドの住人たちのネガティブな心から生まれた12の心象世界があり、これらのエリアを行き来しながら冒険を進めていく。
  • 「ティアリズム」は、現実世界の人々の心理的影響を受ける不思議なエリア。謎のマエストロ“バラン”に導かれ、主人公レオとエマが最初に訪れる場所。ここを拠点に悩みを抱える住人たちの心象世界を冒険し彼らの心を解放していく。
  • 12の心象世界では様々な仕掛けに加え「ネガティ」という存在が行く手を阻む。そこで活躍するのが多種多様な能力を持つ「衣装」で、80種類以上が登場。戦いや移動など状況に応じて変更しながら冒険を進める。
  • 衣装の能力を上手に使えば、さまざまな場所にある「ドロップ」や、バランが仕掛けた「バランスタチュー」を発見できる。「バランスタチュー」を見つけ出すと新たな心象世界へ行けるように。
  • 「ネガティ」は、現実世界の人々の心の悩みや弱さが具現化した存在。12の心象世界で敵として主人公たちの邪魔をする。心象世界の奥底には、ネガティに取り憑かれた住人たちの成れの果てが潜んでいる。衣装の能力を駆使して彼らを倒し、その心を解放しよう。
  • 冒険を手助けしてくれる味方「ティム」。心象世界で集めたドロップを与えることで、さまざまな色や性質を持つ姿に成長。赤色のティムは攻撃で活躍し、ピンク色のティムはアイテムを見つけてくれるなど、色によって得意なことが異なる。
  • ローカルマルチプレイに対応。1人はレオ、もう1人はエマを操作して協力してゲームを進められる。それぞれが持つ衣装の能力を組み合わせれば、1人プレイ時とは異なる道のりを進むこともできる。
バランワンダーワールド [Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9]