PS5『デモンズソウル』当初発表は誤りでレイトレーシング非対応と判明 ─ PS.Blogでは表記が修正

スポンサーリンク

PS5のローンチタイトルとして大きな注目を浴びるフルリメイク版『デモンズソウル』。本作は発表当初、「シャドーエフェクトとレイトレーシングによる美しい映像表現」とレイトレーシング対応を謳っていましたが、実際には非対応であることが明らかとなりました。

海外メディアLEVEL UPに掲載された開発者インタビューで、レイトレーシングに対応していないことが語られており、この発言の真偽についてGame*SparkがSIEに問い合わせたところ、レイトレーシング非対応が事実であることを認める回答が返ってきたとのことです。

また、PlayStation.Blogが6月12日に公開した「ワールドワイド・スタジオ: PlayStation®5ソフト9タイトルを発表」という記事が本日更新され、『デモンズソウル』の紹介文における”レイトレーシング”に関する文言が削除されています。

「美しいシャドーエフェクトとレイトレーシングに加え」
        ↓
「美しいシャドーエフェクトに加え」

ちなみに、開発者はレイトレーシング非対応の理由について主に「(時間的な)コストの問題」であると述べています。