カプコン、不正アクセスによる情報流出を公表 ─ 最大約35万件の個人情報流出の可能性

スポンサーリンク

カプコンは、第三者からのオーダーメイド型ランサムウェアによる不正アクセス攻撃を受け、グループが保有する個人情報流出の発生を確認したと発表。また、同社が保有する個人情報・企業情報が流出した可能性があることも確認したとして、”流出の可能性がある情報”(※2020年11月16日現在判明分)を公表しました。なお、現時点ではコンテンツの開発や事業遂行において支障はないとのことです。

1. 流出を確認した情報

(1) 個人情報9件

  • 元従業員の個人情報5件
    (氏名・サイン2件、氏名・住所1件、パスポート情報2件)
  • 従業員の個人情報4件
    (氏名・人事情報3件、氏名・サイン1件)

(2) その他

  • 販売レポート
  • 財務情報

2. 流出の可能性がある情報

(1) 個人情報(お客様・お取引先等)最大約35万件

  • 国内 お客様相談室 家庭用ゲームサポート対応情報(約13万4千件)
    氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • 北米 Capcom Store会員情報(約1万4千件)
    氏名、生年月日、メールアドレス
  • 北米 eスポーツ運営サイト会員情報(約4千件)
    氏名、メールアドレス、性別
  • 株主名簿情報(約4万件)
    氏名、住所、株主番号、所有株式数
  • 退職者およびご家族情報(約2万8千件)、採用応募者情報(約12万5千件)
    氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真等

(2) 個人情報(社員およびご関係者)

  • 人事情報(約1万4千人)

(3) 企業情報

  • 売上情報、取引先情報、営業資料、開発資料等

ネット販売等における決済は全て外部委託しており、クレジットカード情報は保有しておらず、クレジットカード情報の流出はない。

ほか、「個人情報の流出が確認された方々およびその可能性がある方々への対応」や「発覚と対応の経緯」、「今後の対応」などの詳細については、カプコンプレスリリースにてご確認ください。