過激なPS5用アクションレース『Destruction AllStars』ゲームプレイトレーラー公開。オンラインマルチプレイモードの詳細も判明

スポンサーリンク

SIEは2021年2月に発売を予定(※PS Plus加入者けに無料提供も決定)しているPS5用ソフト『Destruction AllStars(デストラクションオールスターズ)』のゲームプレイトレーラーを公開しました。また、オンラインマルチプレイモードの紹介も明らかとなっています。

ゲームプレイトレーラー

『Destruction AllStars』ゲームプレイトレーラー

オンラインマルチプレイモードの紹介

MAYHEM

MAYHEM(メイヘム)は、ソロでもチームでもプレイが可能なデスマッチ戦。。制限時間の中で、できる限り多くの対戦相手にダメージを与え、破壊してポイントを稼いでいき、最も高いスコアを叩き出したプレイヤーが勝者となる。マシンの乗り降りをバランスよく使いこなし、いかに乱戦の流れをコントロールできるかが勝利のポイント。

CARNADO

CARNADO(カーネード)はソロでもチームでもプレイが可能で、リスクとリターンの見極めが重要なモード。対戦相手を破壊することで、“ギア”と呼ばれるアイテムを獲得していく。マシンに十分ギアが集まったら、中央の“カーネード”(竜巻)にマシンを突っ込めばギアの数だけポイント獲得。新しいマシンに乗る以外にも、対戦相手からマシンを奪うことでギアの横取りが可能。どんどん破壊して、ギアをテンポよく集めていくことが勝利するうえで重要となる。

STOCKPILE

STOCKPILE(ストックパイル)は、他のオンラインマルチプレイゲームにある「キャプチャー」や「コントロール」といったルールに近いモード。チーム戦となるこのモードでは、対戦相手を破壊することで、“ギア”がアリーナ内にドロップされる。マシンから降り、パルクールを駆使しながらマシンが行き交う危険なアリーナでギアを回収し、マップ上にある3つの“バンク”のうちのいずれかを目指す。バンクにギアを一定数投入すれば、そのバンクは自チームのものとなる。最後により多くのバンクを確保していたチームが勝利。

GRIDFALL

GRIDFALL(グリッドフォール)は、16人のオールスターたちの個人サバイバル戦。次第に足場が抜け落ちていくアリーナの中、スキルを駆使して最後まで生き残りを目指す。マップの縁から対戦相手を突き落としたり、一時的な安全地帯をいち早く見つけて優位に立て。各プレイヤーはライフ制限があり、残りライフが尽きてしまうと敗北となる。最後までフィールドに残ったオールスターの勝利。

その他のモード

TRAINING

トレーニングでは、16人のオールスターたちすべてのチュートリアルや、プレイ練習を行なうことができる。

CHALLENGE SERIES

NPCとの対戦が待ち受けるジェネシスのチャレンジシリーズをプレイし、オールスターやプレイヤーのコスメティックアイテムをアンロック。

報酬

さまざまなチャレンジを達成したり、オンラインマルチプレイを重ねたりすることで、オールスターの見た目を変更するカスタマイズアイテムや、これらのアイテムをアンロックすることのできる「オールスター・コイン」を獲得できる。オールスターをカスタマイズして、自分だけのデザインをみつけよう。

アップデート予定

さらに開発チームは、ユーザーからのフィードバックを定期的に反映できるようなアップデートの配信を予定。また、2021年を通じてシーズンやイベント、アップデート、新ゲームモードの追加などを行ない、『Destruction AllStars』を進化させていく。例えば次のような内容。

・新しいオールスター
・新しいチャレンジシリーズ
・新しい機能