Switch『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』牧場運営の詳細や新たな恋愛候補、オンラインシェア要素について公開

スポンサーリンク

マーベラスは、2021年2月25日に発売を予定しているNintendo Switch用ソフト『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』の公式サイトにて最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

森を切り拓く

土地を切り拓く

本作の牧場づくりは広大な森をゼロから切り拓くところからスタート。気を切り、石を砕き、雑草を刈る。根気のいる作業だが、さまざまな発見と出会いが待っている。

施設の修復

  壊れた橋や崩れた谷を直すことで新たな土地に行くことができる。

釣り

森の中では様々な釣り場を見つけることができる。釣り竿を持って巨大な魚や少し変わった水産物を釣り上げよう。

開拓をもっと楽しむ

牧場生活を続けていると出会う精霊”コロポン”。コロポンの里に住む彼らと仲良くなることで里で出来た作物や資材などをおすそ分けしてくれることも。最初は数が少ないが、開拓を進める途中で沢山のころぽんを見つけられる。開拓を進める中で彼らが特別な場所に連れて行ってくれることも。

自分だけの牧場づくり

広さはシリーズ最大

今作を始めた時点での牧場にあるのは、木に覆われたほんの少しのスペースと壊れた動物小屋、あなたの住むテントのみ。しかし、森を開拓するなかで集めた資材を使い施設を修復・増築することで、使える土地もやれることも、どんどん広がっていく。

切り拓いた土地は自由にレイアウト可能。動物小屋の位置や畑の広さ、様々な柄の道や柵、スプリンクラーなどの便利な道具を置くことで牧場を作ることができる。大規模農場や大牧場、少し変わったスペースの使い方など、この広大な土地に自分好みの牧場を自由に作ろう。

作物を育てる

農作をする

土地を耕し、種を撒き、コツコツ水をあげることで様々な作物を育てることができる。収穫した作物を出荷し稼いだお金を使ってどんどん牧場を大きくしよう。

森の恵みを見つける

森の中には自然の恵みがたくさん。作物として栽培できるものを見つけてもっと牧場を豊かにしよう。

どうぶつを育てる

どうぶつ小屋を直す

森で見つけた廃屋を直してどうぶつ小屋を建てれば様々な動物を飼育可能に。

どうぶつと出会う

牧場で飼育可能などうぶつは街で買えるほか、森の中で出会うこともできる。中には乗り物に出来るどうぶつや、森でしか出会えないどうぶつも。

副産物を加工する

どうぶつを世話して卵や牛乳などの副産物を手に入れたら、そのまま出荷してもよし、もうひと手間かけて加工することでより高く売ることもできる。

クラフト

道具をアップグレード

牧場経営で手に入れたお金でオノやクワ、ジョウロなどの道具をアップグレードすると、一度に耕せる面積が増えるなど、更に快適に開拓&牧場生活を送ることができる。

料理

牧畜・農作で得た様々な材料を使って料理をつくろう。作った料理は出荷して売り出すこともできるが、自分で食べて体力を回復し、より長く牧場での作業をすることもできる。

牧場をもっと楽しむ

養蜂やきのこ栽培、果樹栽培など楽しみは盛りだくさん。

恋愛候補

ブリジット、レイナ、リン、デイモン、エミリオ、イオリに加えて、「ララ」「ブレア」「ラルフ」「ジャック」の情報が公開。

ララ

サバサバした性格で頼れる姉貴分。オリーブタウンで観光ガイドをしている。家族をとっても大事にしていて、体の弱い父親を支えている。

ブレア

ビストロで働く勝気で明るい女の子。いつかオリーブタウンを飛び出して、スターになるのが夢。以前は都会に住んでいた。

ラルフ

街の自然を守るレンジャー。冷静で口数は少ないが、いざというときは先頭で動けるリーダータイプ。かつてはスポーツをしていたようだが……?

ジャック

雑貨屋の息子。やる気のない態度で妹のシンディによく怒られているけど、なぜか憎めない。街のために何かできないかと、いつも考えている。

博物館

森で出会った野生のどうぶつの写真や釣った魚、おたからをオリーブタウン・ミュージアムに寄贈し飾ることができる。

シェア

写真を見せる

オンラインに接続しているとゲーム中で他のプレイヤーの写真が表示されることがある。あなたもゲーム内のカメラ機能で撮った自慢の写真をアップロードして他のプレイヤーに見てもらおう。

観光客になる

あなたが作成した主人公のアバターをアップロードすると、ほかのユーザーが街にやってくる「観光客」のひとりとして登場し街を彩る。