ユービーアイソフト、日本版『アサシンクリード ヴァルハラ』の流血表現オプションをオンにできるパッチを12月中旬に配信予定と発表

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、日本版『アサシンクリード ヴァルハラ』について、現在は機能していない流血表現オプションをオンにすることができるパッチの準備を進めており、12月中旬に配信予定であると発表しました。

日本版の『アサシン クリード ヴァルハラ』で、ゲーム内オプションにて流血表現をオンにできないという問題が生じておりました。
この件につきましてオプションにてオンにすることのできるパッチの準備を現在進めており、12月中旬に配信を予定している事をお知らせいたします。
この度はユーザーの皆様にご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
ユービーアイソフト

ユービーアイソフトは先日、日本版『アサシンクリード ヴァルハラ』で事前告知なく流血表現が削除されている件について、当初予定していた修正内容では日本国内で発売できない可能性が分かったため、関係機関と協議したうえで削除したと発表。しかし、CERO側はユービーアイソフトからは一切連絡も協議の申し出も来ておらず無関係と反論する声明を出したうえ、メディアの取材に対して、そもそも流血表現ありの状態で提出を受けた際に「Z」で審査を通したという事実を明らかにしました。その後ユービーアイソフトは、「流血表現の削除は社内の問題であった」と直前の声明を一転させる発表を行い、調査を至急行い詳細が分かり次第知らせるとしていました。