サイバーパンクホラー『Observer: System Redux』PS5ダウンロード版が今冬リリースへ ─ 『>observer_』のビジュアルを次世代機向けに再構築しボリューム&ゲームプレイを拡張したリメイク版

スポンサーリンク

NAパブリッシングは、ポーランドのBloober Teamが開発したサイバーパンクホラー『Observer: System Redux』のPS5ダウンロード版を今冬リリース予定と発表しました。価格は4,990円(税込)です。

本作は、2017年にリリースされたホラーアドベンチャー『>observer_』のリメイク版。次世代機向けに4K解像度、テクスチャのアップグレード、アニメーションやモデルとエフェクトの新規追加、レイトレーシングとHDRライティング対応など、ビジュアルが再構築されたほか、3つの新しい事件が追加されるなどプレイボリュームが増加。さらに、ゲーム機構やシークレット要素の追加、潜行アクションの刷新、神経尋問の充実、プレイ感の向上などゲームプレイも拡張されています。

あらすじ

 時は2084年。警察の特殊部隊「オブザーバー」の一員で、神経病理学に詳しいベテラン刑事ダニエル・ラザルスキ(ルトガー・ハウアー)は、消息を絶った息子から謎のメッセージを受信する。

 彼は大企業カイロン社が統治する都市クラクフのスラム街に潜入し、調査のため特殊なデバイスを利用して事件の容疑者や被害者の脳をハッキングして入り込む。証拠収集のためには彼らの記憶から極限の恐怖を追体験しなければならない。戦争とサイバー空間の疫病が蔓延するこのディストピアで、人のあらゆる思考、感情、記憶を手がかりに事件の真相を突きとめていく。