「PlayStation Partner Awards 2020 Japan Asia」3部門12タイトルの受賞作品が発表

スポンサーリンク

ここ1年でヒットしたプレイステーションフォーマットタイトルを表彰する「PlayStation Partner Awards 2020 Japan Asia」が開催され、「GRAND AWARD」「PARTNER AWARD」「SPECIAL AWARD」の3部門で全12タイトルが受賞しました。

スポンサーリンク

GRAND AWARD

日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカー各社のタイトルにおいて、2019年10月から2020年9月の全世界売上(※1)上位3作品。

  • eFootball ウイニングイレブン 2020
  • ドラゴンボールZ カカロット
  • ファイナルファンタジーVII リメイク

PARTNER AWARD

日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカー各社のタイトルにおいて、2019年10月から2020年9月の全世界売上(※2)上位3作品。

  • 機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
  • 黒い砂漠
  • バイオハザード RE:3
  • 仁王2
  • ファイナルファンタジーXIV
  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル
  • 龍が如く7 光と闇の行方

SPECIAL AWARD

【1】日本・アジア以外の地域で開発されたソフトウェアメーカー各社のタイトルにおいて、2019年10月から2020年9月の日本・アジア地域における売上(※1)最上位作品。
※パッケージ版の売上、およびPS Storeにおけるデジタル売上(追加コンテンツ、ゲームない通過を含む)を基準に算出。

  • エーペックスレジェンズ

【2】日本・アジア地域にて、SIEワールドワイド・スタジオと共同開発されたタイトルにおいて、2019年10月から2020年9月の全世界売上(※1)最上位作品。

  • デスストランディング

※1 パッケージ版の売上、およびPS Storeにおけるデジタル売上(追加コンテンツ、ゲームない通過を含む)を基準に算出。
※2 選考にあたっては、プレイヤー数などのSIE独自指標も採用。