Switch版『ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-』2021年3月25日に発売へ

スポンサーリンク

dramatic createは、Nintendo Switch版『ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-』を2021年3月25日に発売すると発表しました。価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに6,900円+税。

スポンサーリンク

『ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-』について

本作は、記憶を失った“あなた”が謎めいた館の女中に導かれ呪われた館の謎を解明していく、悲劇と絶望の西洋浪漫サスペンスホラーノベル『ファタモルガーナの館』のコンプリート版であり、2019年10月24日発売のPS4用ソフトをNintendo Switch向けに移植したタイトルです。

PlayStation4版『ファタモルガーナの館 -DREAMS OF THE REVENANTS EDITION-』PV映像
PS4版プロモーションムービー

原作は同人サークル「Novectacle」から発売された全年齢対象のPCノベルゲーム。発売以降、ドラマCD化、コミック・ノベライズ化などのメディア展開のほか、3DS、スマホ、PS Vita、PS4移植など多方面にわたって展開され、心に迫るシナリオや演出がユーザーから高い評価を得ています。

悲劇と絶望に彩られたシナリオを担当するのは、近年ライトノベル作家としても活躍する縹けいか氏。印象的なゴシック調を得意とするイラストレーター靄太郎氏は、戦国大戦TCGやFEサイファの美麗カードイラストでも活躍。また、BGMサウンドの一部は歌声の入った特徴的なものも含まれており、より物語に没頭することができます。

ソース:CS版公式サイト