鳥山晃之氏、SIE WWS Japanスタジオを12月末で退職へ ─『Demon’s Souls(PS5)』『Bloodborne』『Souls Sacrifice』など(※訂正)

スポンサーリンク

SIE WWS Japanスタジオのプロデューサーとして、『Demon’s Souls(PS5)』『Bloodborne』『Déraciné』といったフロム・ソフトウェア関連作品や、『ASTRO BOT RESCUE MISSION』『V!勇者のくせになまいきだR』『SOUL SACRIFICE』シリーズなどの作品に携わった鳥山晃之氏は、自身のTwitterを通じて、同社から12月末をもって退職すると発表しました。今後については「新天地にて新規ゲームIPの創出にチャレンジする」と綴っています。

訂正:「退職したことを発表」と書きましたが、正しくは「12月末をもって退職することを発表」です。お詫びして訂正いたします。大変失礼しました。

ソース:Gematsu