『DEAD OR ALIVE』キャラクターを脱衣させた改変映像の販売者が書類送検

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスは、同社の人気タイトル『DEAD OR ALIVE』シリーズに含まれる動画を無断でDVDにコピーし販売していたとして、神奈川県警が本日、被疑者1名を書類送検したと発表しました。

プレスリリースによると、被疑者は『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』などのゲーム内の動画を撮影し、キャラクターの被服を削除するなどの改変を加えた内容をDVDに録画して、オークションサイトで販売していたとのこと。同社は神奈川県警に被害の届出をし、今般、被服を削除する等の一部改変があっても、著作権(複製権)の侵害に該当すると判断されたとしています。

また、本件については特に悪質な行為であると判断し、刑事事件とは別に、著作権侵害に基づく損害賠償を求めて民事訴訟を定期する予定とのことです。

ソース:コーエーテクモゲームス(※PDF)