アクワイアが贈るハード未定の新規3DダンジョンRPG『残月の鎖宮 Labyrinth of Zangetsu』タイトルロゴ公開。開発は任天堂プラットフォームが得意というカエルパンダ(※更新)

スポンサーリンク

アクワイアは、2021年夏に発売を予定している新規3DダンジョンRPG『残月の鎖宮 Labyrinth of Zangetsu』(※ハード不明。ただしファミ通によるとPS4/Switch/PCとのこと)のタイトルロゴを公開しました。また、開発を手掛けるのは任天堂プラットフォームが最も得意というカエルパンダであることも判明しています。

『残月の鎖宮』は、ハクスラの原点を追求したという完全新規3DダンジョンRPG。アクワイアの得意とする“和”が重視されており、水墨画の筆致により重厚な世界観が奥深く描かれます。また、雅楽や能など和のミクスチャーサウンドも大きな特徴です。

物語の舞台は、“滅びの墨”の災厄に抗い続ける“残月の街”「異土(イド)」。世界各地から呼び寄せられた生存者の中から選抜された“墨滅者”は、もっとも危険な地域“鎖宮”へと赴く。

お詫び:本作の初報記事でゲームタイトルを『斬月の鎖宮』としていました。誤った情報をお伝えしてしまいすみません。

ソース:アクワイア