Team NINJAブランド長・安田文彦氏「オープンワールドジャンルに挑戦し新たな風を吹き込みたい」インタビューで語る。多くの新作に取り組んでいることや、現状『仁王3』や『NINJA GAIDEN』新作の計画がないことも明らかに

スポンサーリンク

Team NINJAのブランド長であり、大ヒット作『仁王』シリーズのディレクター(『仁王2』ではプロデューサーも兼任)した安田文彦氏の海外インタビュー記事が公開されました。

  • 『仁王3』の開発予定はないそうですが、その理由は?
    Team NINJAは新作に集中したいと思っているので、今のところ『仁王3』の予定はありません。ただ、新しいプロジェクトを手掛けることで得た知識や経験を活かし、いつかは『仁王』シリーズに戻ってきて、過去2タイトルを超える、より素晴らしいゲームを作りたいと思っています。

  • 『NINJA GAIDEN』の続編は?
    今回は特に発表することはありませんが、もし『NINJA GAIDEN』シリーズが存在していなかったら、『仁王』シリーズも存在していなかったでしょう。Team NINJAにとっては本当に重要なシリーズです。今のところ具体的な発表はありませんが、近いうちに何かの発表(※『NINJA GAIDEN Trilogy』?)があるかもしれないので、楽しみにしていてください。
    ちなみに、VGCインタビューでは、同じく「今のところ予定はない」とする一方で、「いつか新作を作りたい」との意向も示しています。

  • Team NINJAはXbox SeriesとPS5でどのように開発していますか?また、これら新ハードはTeam NINJAの開発するゲームに変化を及ぼしますか?
    PS5『仁王2 Complete Edition』において、最新ハードで開発する機会を得たので、SSDによる改善や最新ハードでのロード時間の速さを実感しています。将来的にはオープンワールド系のゲームにも挑戦してみたいと思っています。

    VGCインタビューではより具体的に語っています
    SSDはロード時間が大幅に短縮されるので、私が興味を持っている最大のポイントです。例えば、オープンワールドゲームが開発者にとってより身近なものになることで、新たな道が開かれることになるでしょう。
    今のところ具体的な計画はありませんが、Team NINJA全体としてはオープンワールドというジャンルに挑戦していきたいと考えています。ただ、これまでのオープンワールドゲームには、最初から最後までアクション性の強いものがあまりなかったように感じています。そこで私達は将来的な課題として、オープンワールドというジャンルに新しい風を吹き込みたいと考えています。

  • 読者へのメッセージ
    『仁王』シリーズは、ファンをはじめプレイしてくれた皆さんのおかげで、ここまで来ることができました。これもひとえにファンの皆様のおかげです。
    そして、まもなく『仁王2』の完全版が2月5日に発売されます。『仁王』シリーズのファンはもちろん、これまで『仁王』をプレイしたことがない人にもぜひプレイして頂ければと思います。
    Team NINJAは、今後登場する多くの新しいタイトルに取り組んでいますので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。そして、今後のニュースに目を光らせ、将来それらのゲームに挑戦してみてください。

ソース:THEGAMER /VGC