『FF』生みの親・坂口博信氏、いよいよ完成間近という新作『ファンタジアン』のゲーム画面を公開 ─ 精巧なジオラマ世界を冒険するRPG

スポンサーリンク

『ファイナルファンタジー』シリーズ生みの親として知られる坂口博信氏は、現在Apple Arcade向けに開発中であり、いよいよ完成間近という新規RPG『ファンタジアン』の開発中ゲーム画面を公開しました。

『ファンタジアン』は、同氏率いるミストウォーカーが開発中の新規RPG。職人と共に製作したという精巧なジオラマを様々な角度から撮影し、その画像データをPCに取り込んで、どの角度からでも自由に見られる3Dモデルを生成。そうやって作られた、CGとは違った魅力を放つジオラマ世界をキャラクターたちが冒険するというタイトルです。BGMは坂口博信氏の盟友である植松伸夫氏が手掛けています。

坂口博信氏はこれまでにも、スクリーンショットやジオラマの画像を投稿しているので、いつくかご紹介します。

スポンサーリンク