カプコン、21年3月期業績予想を上方修正 ─ 『MHW:アイスボーン』の続伸や『モンスターハンターライズ』の順調な受注などが理由

スポンサーリンク

カプコンは、2021年3月期(2020年4月1日~2021年3月31日)の業績予想を上方修正すると発表しました。今回の修正により、売上高の予想は850億円から920億円へ70億円の増加、営業利益の予想は255億円から305億円へ50億円の増加、純利益が180億円から210億円へ30億円の増加となっています。

同社はこの理由について、デジタル販売の拡大が奏功し『バイオハザードRE:3』が堅調に推移すると共に、前期発売の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が続伸するなど、採算性の高いリピートタイトルが息の長い売れ行きを示したと説明。加えて、今年3月に発売予定の新作『モンスターハンターライズ』の受注が堅調な滑り出しを見せていることも挙げています。