CD PROJEKT、サイバー攻撃の被害を報告。『サイバーパンク2077』や『ウィッチャー3』のソースコードなどが盗まれる

スポンサーリンク

CD PROJEKTは、公式Twitterを通じて標的型サイバー攻撃の被害にあったことを報告しました。

同社によると、何者かが内部ネットワークへ不正にアクセスし、CD PROJEKT キャピタルグループのデータを盗み出し身代金要求のメモを残していったとのこと。

犯人は、会計・管理・法務・人事・投資家向け広報などに関連する社内文書をはじめ、『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』『グウェント』『ウィッチャー3(未発表版)』のソースコードを窃取したと主張。要求に従わない場合には、ソースコードを販売またはオンラインでリーク、文書はメディアへ送ることになると脅迫しています。

これに対しCD PROJEKTは、犯人の要求に屈したり、交渉することはないと宣言。既に法務執行機関や個人データ保護機関、ITフォレンジックの専門家を含む関係当局と連絡を取っており、事件解決に向けて緊密に協力していくとしています。

同社は本件に関して引き続き調査を行っていますが、現状確認できている限りでは、漏洩したデータの中にプレイヤーやユーザーの個人情報は一切含まれていないとのことです。