『電脳戦機バーチャロン』シリーズ生みの親・亙重郎氏がセガを退職

スポンサーリンク

『電脳戦機バーチャロン』シリーズ生みの親として知られるDr.ワタリこと亙重郎氏は、自身のTwitterアカウントを通じて、2021年2月末日をもってセガを退職したと発表しました。

なお、「今後については未定です」とのこと。「新たな仕事の場、情熱を傾けられるおもしろきテーマを見つけられればと思っています」と綴っています。

ソース:Twitter(@WATRIX_2021