『デス・ストランディング』コンポーザーLudvig Forssell氏がコジマプロダクションを退職。フリーランスへの転向を発表

スポンサーリンク

『デス・ストランディング』や『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』のBGMを手掛けたコジマプロダクション所属のコンポーザー/オーディオディレクターLudvig Forssell氏は、同社を退職しフリーランスに転向することを発表しました。コナミの旧コジプロ時代から10年にわたって勤めてきた同氏は「楽しかったですね。ありがとう、KJP!」と振り返りつつ、「今後はあらゆるメディアで様々なプロジェクトに取り組めることが嬉しい」と喜びを綴っています。

昨日Ludvig Forssell氏は「明日の重要なニュース」とツイート。この意味深なツイートが、新川洋司氏がメディアインタビューで行った「(新プロジェクト)はもうちょっとで告知できるかなぁ」という発言と結び付けられ、コジマプロダクションの新作が発表されるのではないかと噂になりましたが、事実は全く異なるものでした。