最大100人のプレイヤーが参加するサバイバルFPS『Rust』国内PS4版が6月24日にリリース決定

スポンサーリンク

Koch MediaとDouble Elevenは、オンラインサバイバルFPS『Rust』のPS4版を日本国内で6月24日に発売すると発表しました。パッケージ版とデジタル版(特典の異なる3種類)が用意されており、デジタル版「Deluxe Edition」と「Ultimate Edition」には、早期アクセス権(3日間)とクローズドベータへのアクセスが含まれます。

『Rust』について

Rust: Console Edition – Official Reveal Trailer

 プレイヤーは、産業遺構が点在し好奇心旺盛な科学者たちがうごめく、ポストアポカリプスの謎めいた島で一人目を覚ます。最大100人のプレイヤーが参加する全員敵の世界で、どのように生き延びるかはプレイヤー次第だ。

 喉の渇きや飢えを克服し、雨風を凌ぎ、衣服を作り、他のプレイヤーや科学者、クマ、オオカミなどの敵対勢力から身を守れ。時には火事や溺死、放射能汚染でくたばることもあるだろう。ルールの存在しないゲーム『Rust』では、誰も何をするべきかを教えてはくれない。プレイヤー間での激しい戦闘や襲撃、略奪といった裏切りや攻撃行為をするか否かはプレイヤーの自由。一方で、他のプレイヤーと仲間になってチームを作れば、さらに多くのものを獲得できる可能性もある。生き残りと覇権をかけた戦いの中、プレイヤーは安全を確保するため、小さな山小屋から廃材を利用した巨大要塞、さらに武器や爆弾、罠まで、さまざまなものをクラフトすることもできる。

 本作は気弱な人にはおすすめできない。学ぶことで急激に成長しては、プレイヤー同士で殺し合うことが当たり前のコミュニティが魅力だからだ。他のプレイヤーと仲間になるか殺すか―全てはプレイヤーに一存される。プレイヤーは、石とたいまつだけを持った孤独な状態でゲームを始める。その後設計図を見つけて学び、より高レベルの武器や防具を作り、自分や仲間たちが生き残るために武器庫を充実させていく。『Rust』では、さまざまなチャレンジが待ち受けているが、クラフトした多様な武器を使って反撃することができる。最初は石ころだけだが、槍や弓、さらにはアサルトライフルやロケットランチャーなどの重火器まで様々な武器をクラフトすることが可能になる。

PS4版『Rust』エディション&特典一覧

<パッケージ版>

●『Rust Standard Edition』: 5,480 円(税別)
ゲーム本体と予約特典「フューチャーツール&武器スキンパック」が含まれます。
各取り扱い店舗にてパッケージ版を予約することで、特典が利用可能になります。

<デジタル版>

●『Rust Standard Edition』: 6,050 円(税込)
ゲーム本体と予約特典「フューチャーツール&武器スキンパック」が含まれます。
デジタル版をPlayStation Store にて予約することで、特典が利用可能になります。

●『Rust Deluxe Edition』: 7,040 円(税込)
ゲーム本体、予約特典「フューチャーツール&武器スキンパック」、ウェルカムパック、早期アクセス権(3日間)、クローズドベータへのアクセス、開発バージョン(Staging branch)へのアクセスが含まれます。こちらはデジタル版限定で、パッケージ版での販売はございません。

● 『Rust Ultimate Edition』: 9,020 円(税込)
ゲーム本体、予約特典「フューチャーツール&武器スキンパック」、アルティメットウェルカムパック、早期アクセス権(3日間)、クローズドベータへのアクセス、開発中バージョン(Staging branch)へのアクセス、1,100 Rust コイン(1,100 円相当)、エリートコンバットスキンパックが含まれます。 こちらもデジタル版限定で、パッケージ版での販売はございません。