『Mass Effect Legendary Edition』プラットフォームごとのパフォーマンス詳細が公開

スポンサーリンク

EAは、5月14日に発売するPS4/Xbox One/PC用ソフト『Mass Effect Legendary Edition』について、プラットフォームごとのパフォーマンス詳細を公開しました。

スポンサーリンク

Mass Effect Legendary Edition パフォーマンス詳細

プラットフォームごとにビジュアルの精細度を優先したり、フレームレートを優先する複数のオプションが用意されている。

PC版は最大240fpsでプレイ可能で、最大240Hzのリフレッシュレートに対応。また、いつでも複数のグラフィックオプションを調整して、好みに合わせてグラフィックとパフォーマンスのバランスをとることができる。

家庭用ゲーム機は全プラットフォームで、以下の2種類のゲームプレイモードをいつでも切り替えられる。

  • 画質優先:ターゲットフレームレートを下げる代わりに、可能な限りビジュアルの精細度を高める。
  • フレームレート優先:ネイティブ解像度をスケーリングして一部のグラフィック機能を低下させることで、可能な限りフレームレートを上昇させる。

ターゲットとなる解像度とフレームレートおよび各ターゲットの安定性は、ゲーム機によって異なる。詳細は以下の通り。

モードPS4PS4 ProPS5Xbox OneXbox Series SXbox Series X
画質優先1080p
最大30fps
4K UHD
最大30fps
4K UHD
最大60fps
1080p
最大30fps
4K UHD
最大30fps
4K UHD
最大60fps
フレームレート優先1080p
最大60fps
1440p
最大60fps
1440p
最大60fps
1080p
最大60fps
1440p
最大60fps
1440p
最大120fps

ソース:公式サイト