『テイルズ オブ アライズ』アルフェン、シオン、リンウェル、ロウの秘奥義映像が公開

スポンサーリンク

バンダイナムコエンターテインメントは、9月9日に発売を予定している『テイルズ オブ アライズ』について、ルフェン、シオン、リンウェル、ロウの秘奥義映像を公開しました。

スポンサーリンク

「テイルズ オブ アライズ」秘奥義 アルフェン / シオン / リンウェル / ロウ

「テイルズ オブ アライズ」秘奥義 アルフェン / シオン / リンウェル / ロウ

アルフェン「緋炎衝・開」

シオン「アドレビートオムニア」

リンウェル「アクエリアスダムネイション」

ロウ「迅雷狼影脚」

シリーズおなじみの術技も登場

地上3種、空中3種の術技をセット可能。ボタン同時押しを駆使することで、さらに3種ずつの計12種の術技をセット可能。

アルフェン:魔神剣・双牙

リンウェル:エアスラスト

ロウ:輪舞旋風


パーティキャラたちの秘めたる思い

【アルフェン】
炎の剣を掲げ反旗を翻すダナ人の奴隷

謎の仮面を着け、すべての記憶をなくした状態で目覚めた青年。

日々の苦役の中で倒れていくダナ人の同胞、それをあざ笑うかのように見ているだけのレナ人。記憶がないアルフェンは、ダナ人にとってはもはや日常となったその光景に対し、強い憤りを覚えている。

シオンとの出会いで炎の剣を手にしたアルフェンは、各地の領将(スルド)の打倒と地を隔てる”壁”の破壊によって、自由を勝ち取るための闘いに挑む。

【シオン】
レナの同族に追われる謎のヒロイン

レナ人でありながらレナの兵士にその身を追われるなかで、アルフェンと出会う。戦闘はもちろん、星霊術による治癒などでアルフェンに協力しており、カラグリアのスルドであるビエゾからは「裏切者」と呼ばれる。

なぜ彼女はレナ兵に追われていたのか。そしてダナ人とレナ人が会話をすることすら珍しいこの地で、ダナ人を利用してでも果たそうとする彼女の真の目的とは。

【リンウェル】
虐げられ、隠れ暮らしてきた一族の末裔

リンウェルの一族はダナ人でありながら星霊術が使えるため、かつては「魔法使い」と呼ばれていた。その特異な存在からか、レナ人たちだけではなく、同胞であるダナ人たちからも隠れ暮らしてきた。

カラグリアの「炎の剣」の噂を耳にし、シスロディアの解放へと望みをかけ、アルフェンとシオンの前に現われる。しかし、とある経験から、リンウェルはレナに対して人一倍の強い敵意を備えており、レナ人であるシオンと道中をともにすることに葛藤を抱く。

【ロウ】
同胞を裏切り、レナの手先となった少年

レナの支配をより強固で安定したものにするための秘密警察「蛇の目」に属するダナ人の少年。シスロディアにたどり着いたアルフェンたちを”不穏分子”として拘束すべく、一行の前に立ち塞がる。

なぜ彼はダナ人を裏切り、レナの組織の一員として同胞を捕らえるのか。時折見せる苦悩の表情、その裏に潜む過去とは。

分断され、人々の命や未来が奪われていく星、ダナ

【ダナ】
かつては豊かな大地を讃えた、隷属されし星

かつては豊かな緑や自然に満ちあふれていた星、ダナ。300年前、隣り合う星のレナより突如として侵攻を受け、その平穏は終わりを告げた。

その大地はレナ人によって支配され、この地で積み上げられてきた文化や生活までもが破壊されてきた。そして、万物に宿る力「星霊力」がレナ人に奪われることで、気候や自然にも大きな影響を与えている。

【レナ】
かつて「神の住まう地」として崇められていた、支配者の星

かつて、神々の住まう地、死者が憩う園だと言われていた星。ダナ人にとって想像を絶する技術、そしてレナの兵が使役する魔物「ズーグル」の前に、ダナの人々はただ降伏を強いられることとなった。

ダナの大地はレナ人によって築かれた”壁”によって分割統治され、それぞれの地はレナ人の代表者たるスルドが治めている。アルフェンたちは各地のスルドの打倒と各地を隔てる”壁”の破壊によってダナに自由を取り戻すべく、各地を巡ることとなる。

星霊力が奪われる大地

「火」の星霊力が奪われる、劫火と灰渦巻く国──カラグリア

この地のダナ人たちは、火の星霊力を集積させるための苦役を強いられている。彼らダナ人奴隷の腕には霊石(コア)が埋め込まれており、レナ人たちから「石付き」と侮蔑される。

反対に、レナ人は星霊術を使用する際に眼が光ることから、ダナ人たちから「光り眼」と呼ばれ、忌み嫌われていた。

一帯から「光」が奪われることで、凍土と化してしまった大地──シスロディア

辺りから「光」が奪われるこの地では、蛇の目と呼ばれる秘密警察が造反者を密告、捕縛することで、レナ人による支配をより盤石なものにしてきた。人々は密告を恐れ、例えダナ人同士であってもレナの支配に異を唱えることは許されない。

この地で出会う少年ロウは、蛇の目の一員としてアルフェン一行の前に立ち塞がる。

レナの支配と圧政に抗う、ダナの抵抗勢力

各地には、ダナ人によって結成されたレナへの抵抗組織がある。彼らは炎の剣を手にしたアルフェン一行と協力し、スルドの打倒と解放を目指す。

しかし、彼らの抵抗行為やその争いにより、さらにレナの圧政に拍車をかけることもあり、必ずしも人々のヒーローたちとして讃えられている存在ではない。

ジルファ

カラグリアの抵抗勢力「紅の鴉」を束ねる男。冷静に状況を俯瞰しメンバーを導く頭脳と卓越した戦闘技術を持ち、部下からの信頼も厚い。アルフェン、シオンとともに、カラグリアのスルドであるビエゾの打倒を図る。