『幻想水滸伝』元スタッフが手掛けるRPG『百英雄伝』は2023年リリースへ。新発表された町作りアクションRPG『百英雄伝 Rising』は2022年リリース。いずれもXbox Game Pass対応が決定

スポンサーリンク

505 Gamesは、Rabbit and Bearが開発するPS5/PS4/Xbox Series/Xbox One/PC向けRPG『百英雄伝』の最新映像を公開し、2023年に発売予定と発表しました。また、『百英雄伝』と世界観を共有する町作りアクションRPG『百英雄伝 Rising』を新たに発表。こちらは2022年にリリース予定です。そして、いずれもXbox Game Pass対応が決定しています。

スポンサーリンク

『百英雄伝』『百英雄伝 Rising』XBox Game Pass アナウンストレーラー (E3 2021)

『百英雄伝』について

『百英雄伝』は、従来のJRPGが現代風にアレンジされた作品です。プレイ可能な100人以上のキャラクターを率い、戦争で荒廃した世界を救うことができるのは、あなただけです。

この物語は、オールラーンの一角から始まる。オールラーンは文化や価値観の異なる様々な国々が織り成す、タペストリーのような場所だ。
この地の歴史は、人間とビーストマンとエルフたち、そして砂漠の民たち同士の協力や争いを経て、剣や「ルーンレンズ」と呼ばれる魔法の道具によって刻まれてきた。

ガルディア帝国は他国を押しのけて領土を拡大し、 ルーンレンズの魔法を増幅する技術を発見した。

そして今、帝国はさらに力を拡大できる遺物を求め、大陸中の捜索へと乗り出している。
若く才能ある帝国将校のセイン・ケスリングと辺境の村の少年ノワが出会い、友人となったのは、その遠征先であった。

しかし運命のいたずらによって戦火に巻き込まれた2人は、自らの信念を試されることとなるのであった。

『百英雄伝』は、コミュニティからの驚くべき支援のおかげで、2020年にKickstarterで最も支援を集めたゲームに輝きました。505 Gamesは『百英雄伝』を発売し、Rabbit & Bearと提携してファンの皆様の思い出に残るゲームをお届けできることを、心から光栄に思っています。Rabbit & Bearと505 Gamesの目標は、『百英雄伝』のポテンシャルをとことん追及して価値あるJRPGをお届けし、コミュニティの皆様に楽しんでいただくことです。

百英雄伝 Rising

『百英雄伝 Rising』は、『百英雄伝』と同じ世界を舞台にした町作りアクションRPGです。本作では、のちに『百英雄伝』で仲間となる様々なキャラクターたちの戦前の物語が語られます。

『百英雄伝』の一部のキャラクターが登場し、スリリングなアクションや魅力的な町作り要素が盛り込まれたオリジナルストーリーが展開していきます。

さらには、『百英雄伝』と本作を連動させることで、ささやかな特典を受け取れるかもしれません。