『Returnal』開発元 Housemarque が PlayStation Studios 13番目のスタジオに ─ SIEが買収を発表

スポンサーリンク

SIEは6月29日、Housemarqueを買収したと発表しました。これを以てHousemarqueは、SIEのソフトウェアタイトル開発をグローバルに統括する PlayStation Studios 13番目のスタジオとして名を連ねることになります。

Housemarqueはフィンランドのヘルシンキに拠点を構える開発スタジオで、これまでに『Returnal』、『ALIENATION』、『Matterfall』、『Nex Machina』、『Resogun』、『STAR STRIKE HD』などのタイトルをPlayStationプラットフォーム向けに開発しています。

SIE 社長 兼 CEO ジム・ライアン氏

「Housemarqueは長年にわたり、プレイステーションの性能を最大限に引き出す独創的なゲームを多数開発してきました。HousemarqueがPlayStation Studiosに加わることで、業界最高峰の開発チームをさらに強化し、プレイステーションのプラットフォームでしか見られない新しい体験を提供するという私たちのコミットメントを改めて表明することができます。」

SIE PlayStation Studios 統括責任者 ハーマン・ハルスト氏

「オリジナル作品の開発に確かな実績を持ち、最高のゲーム体験を提供するHousemarqueは、非常に完成度の高いスタジオです。PlayStation Studiosファミリーへ正式に迎えることについて、大変嬉しく思います。魅力的なゲームプレイ、心に残るストーリー、緊張感のある世界観で、『Returnal』はプレイステーションのユーザーの皆様を魅了しました。チームと協力して、彼らの情熱的でクリエイティブなビジョンを将来実現していくことを心から楽しみにしています。」

イラリ・クイッティネン
Housemarque共同創設者 兼 マネージングディレクター

本日はHousemarqueの設立から26年の歴史において、特に重要な一日となりました。ソニー・インタラクティブエンタテインメントとのパートナーシップはPlayStation®3の『STAR STRIKE HD』から始まり、以来PlayStationのすべてのプラットフォームにおいて、アーケードゲームにインスピレーションを受けたタイトルを制作してきました。最新作である『Returnal』では、三人称視点のアクションゲームという過去最大の挑戦に臨んだ結果、ユニークでクオリティの高い体験をプレイヤーにお届けする、という私たちのブランドを確立することができたと感じています。

このたび、満を持してPlayStation Studiosのファミリーに加わることをとても嬉しく思っています。これによって私たちのスタジオは、将来にわたって皆さんにゲーム体験を確実にお届けする機会を得ることができました。同時に、物語を伝えるための新しい手法にチャレンジし、モダンアートであるゲームの可能性を押し広げるために挑戦し続けることができます。また、ここヘルシンキでは、私たちがフィンランド最古のゲーム開発スタジオとして、成長市場であるフィンランドにおけるPlayStationファミリーのハブとなり、拡大をサポートすることも意味しています。

最後に、今回の変化がファンの皆さんにとってどのような意味を持つのかということについても触れたいと思います。私たちHousemarqueはゲーマーであり、私たちが最も魅力的だと感じるゲームを完璧に作りあげたい、という想いから成長してきたチームです。また、独自の道を進むことを恐れず、新しいチャレンジに躊躇しないことでも知られています。SIEの支援と、私たちをサポートしてくれるスタジオのファミリーによって、Housemarqueは確実に業界の中で拡大し、成長することができるでしょう。そして制約に縛られることなく私たちが作りたいものに精一杯取り組んでいくことができます。この先の数十年、そしてそのさらに先の未来に向けて、皆さんにより多くの思い出と刺激的なタイトルをお届けできることが、今から待ち切れません。

関連記事:SIEが『リターナル』の開発Housemarqueを傘下に。オンラインインタビューでその背景について聞いた