かわいいロボットたちが頑張って新天地を開拓するSLG『ザ・コロニスト』PS4/Switch/XboxOneで7月15日リリースへ

スポンサーリンク

コーラス・ワールドワイドは、Auroch Digital開発のシミュレーション『ザ・コロニスト』を7月15日にリリースすると発表しました。プラットフォームはPS4/Switch/Xbox One。価格は3,410円(税込)です。

スポンサーリンク

『ザ・コロニスト』について

本格的な新天地開拓シミュレーション

本作は『Anno』や『ザ・セトラーズ』などの古典的PC用シミュレーションゲームにゲームデザインの発想を得た新天地開拓シミュレーション。ゲーム機向けとしては数少ない本格シミュレーションとして、PCからの移植にあたりコントローラーで遊びやすいUIを再設計。人間になることを夢見るロボット開拓者たちと一緒に開拓地を広げ、テクノロジーを研究して豊かな街を創り上げよう。

ストーリー

時は21世紀の中ごろ。人類はロボット工学と人工知能技術を飛躍的に発展させていた。

科学者達は意識を備えた印刷できるロボットの開発を進めていた。

そのロボットは生存や居住地への人間の欲求もシミュレートすることができた。

奴隷として終わりなき未来に気づいた彼ら(ロボットたち)の中に1つのグループがあらわれ、彼ら自身の新しい生活を作る計画を立て始めた。誰にもとがめられることなく、自由に生きられる環境が地球上にないことを知ると、彼らは遙か大空にその眼差しを向けた。

彼らは近くにあったロケット船を操り、太陽系の暗闇の中へと飛び去って行った。

「人間になる」

その夢を叶えられる新しい家を探して。

ゲームの特徴

新天地に降り立ったかわいいロボットたちが夢のような開拓地を作るための手助けをしよう。各ロボットには、作物の収穫や海辺での釣り、資源の運搬、遠くの土地の発見、自分たちの領地の見張りなど、果たすべき仕事がある。

道路、船、列車などの輸送システムを構築してコロニーのインフラを整えよう。

天然資源を収穫し、農業や食料生産を行い、新しい土地を発見するための遠征を行い、新技術を研究しよう。

2つのミッションが用意されており、平和的に広大な入植地を作ることも、軍事的に勝ち負けを競うシナリオでAIが操作する別のロボットたちのコロニーと領地争いをすることもできる。

  • 収穫:木、鉄、石、魚などの資源を集めて開拓地を発展させます
  • 生産・精製:資源をパン、レンガ、板などの便利なアイテムに変えます。
  • 建築:家、農場、工場を作り、ロボットに住まわせたり働かせたりします。
  • 研究:蒸気機関車や宇宙ロケットなどの技術を進歩させます。
  • 拡張:生産性の向上を目指して、複雑さを追求していきます
  • キャンペーン:平和と軍事に分かれた14のミッションを用意
  • サンドボックスモード:様々なゲーム設定をカスタマイズして、自分好みのゲームをプレイすることができます。最初から最大のテクノロジーを得た状態や、無尽蔵の資源など、プレイしたいシチュエーションに細かく対応できるゲームモードです。
  • チャレンジトロフィー:熟練した開拓者を対象としたスピードランなど特別チャレンジを多数用意しています。