PS5/PS4『Ghost of Tsushima Director’s Cut』正式発表。8月20日に発売へ。新エリア「壱岐島」が追加|※国内情報に更新

スポンサーリンク

SIEは、PS5/PS4用ソフト『Ghost of Tsushima Director’s Cut』を8月20日に発売すると正式に発表しました。ディレクターズカット版では、拡張コンテンツ「壹岐之譚」を実装。この物語では、蒙古が襲来したという噂を確かめるべく壱岐島へと向った仁が、壱岐の民と新たな敵との間の戦に巻き込まれ、かつて目の当たりにした悲劇を思い出すことになります。キャラクター、探索エリア、防具、ミニゲーム、技、敵の種類、そして可愛がれる新たな動物といった多くの新コンテンツが登場するとのこと。なお、PS4版のセーブデータはPS5に移行して続きからプレイ可能。新規でプレイする場合、「壹岐之譚」は豊玉に移動した後の第二幕から開始できます。

価格はPS5パッケージ・DLともに8,690円、PS4はパッケージ・DLともに7,590円(共に税込)です。パッケージ版の早期購入限定およびダウンロード版の予約期間限定で、本作の内容物としてさらに『Ghost of Tsushima』のオリジナル楽曲に「壹岐之譚」の新曲2曲を追加したデジタルミニサントラ、アートセレクション、「壹岐之譚」のコンセプトアート11点を収録したデジタルアートブックが含まれます。

PS4オリジナル版所有者は、2,200円(税込)でPS4ディレクターズカット版へアップグレード可能。PS4版ディレクターズカットから、PS5ディレクターズカット版へのアップグレードは1,100円(税込)。PS4オリジナル版からPS5ディレクターズカット版へのアップグレードは3,300円(税込)です。

PS5版は、ハプティックフィードバック、アダプティブトリガー、3Dオーディオの強化、ロード時間の大幅な短縮、4K解像度オプション、60fpsに対応。シネマティックスシーンはリアルタイムレンダリングに対応し、日本語のリップシンクがより自然になります。

コントローラーのボタン割当が変更できるようになるアクセシビリティ機能、戦闘中のターゲットロックに関する設定、矢筒を非表示にする設定などを含むパッチが配信予定。さらに、「Legends/冥人奇譚」向けに新モードを含むアップデートも準備中。詳細は数週間のうちに発表。これらアップデートはプラットフォームに限らず『Ghost of Tsushima』所有者であれば追加費用なしで利用可能です。

ソース:PlayStation.Blog / 電ファミニコゲーマー /Game*Spark