ホラーゲーム『つぐのひ』×VTuber戌神ころねのコラボ作品『邪神ころね』11月8日リリースへ

スポンサーリンク

バカーは、日常侵食ホラーゲーム『つぐのひ』とVTuberグループ「ホロライブ」所属のVTuber・戌神ころねがコラボレーションした新作『邪神ころね(Evil God Korone)』を11月8日に配信すると発表しました。このコラボは、戌神ころね誕生日企画の一環として実現したとのことです。

スポンサーリンク

『邪神ころね』について

トレーラー

ゲーム概要

日常侵食ホラーゲーム「つぐのひ」とVTuberグループ「ホロライブ」所属のVTuber・戌神ころねがまさかのコラボ!

操作は「つぐのひ」と同じく、毎日同じ場所を左に進んでいくと、次々にあなたを恐怖が襲います。
日毎に高まっていく、ホラー現象にあなたは耐えられるでしょうか。

これまで数々のホラーゲームを実況プレイしてきた戌神ころねが、今度は邪神となって「つぐのひ」を乗っ取った。
さあ、貴方も彼女に“指”を切って差し出そう──。

■ストーリー
平凡な生活を送っていた男子学生は、学校の帰り道、戌神ころね関連の張り紙を見かける。
その張り紙の前で“とあること”を呟いたあと、彼の日常はどんどん変化していき……。

■『つぐのひ』シリーズ
ImCyan(アイムシアン)氏は、インディーゲームクリエイターとして、数々のホラー作品を作り続けてきました。代表的な作品が、『つぐのひ』シリーズです。第1話が2012年にネット上で「超怖い」と話題になり、2018年夏も『つぐのひ -閉ざされた未来-』がYouTube上のゲーム実況を中心に大人気を博しました。『つぐのひ』シリーズは、その人気から海外ファンによって中国語や韓国語に翻訳されたほか、2015年に『死臭-つぐのひ異譚-』として映画化されました。
2021年8月13日にSteamでも満を持してリリース。Steam版にはこれまでに公開された過去7作ほか、『つぐのひ-霊刻の踏切り-』、『つぐのひ -アイの亡き声-』(バーチャルタレント・キズナアイとのコラボ作)がオリジナル新作として収録されています。

■戌神ころね
2019年4月にVTuberグループ「ホロライブ」より活動を開始したバーチャルタレント。ゲーム実況をメインに活動するユニット「ホロライブゲーマーズ」に所属している。2021年10月現在、YouTubeチャンネルの登録者数が160万人を突破した。

Evil God Korone on Steam
An unexpected collaboration from Tsugunohi, the game where horror invades daily life, and VTuber Inugami Korone, from VTuber group hololive. Inugami Korone, who...
タイトルとURLをコピーしました