[E3 2018]フロム・ソフトウェア新作『SEKIRO: Shadows Die Twice』正式発表!デビュートレーラー公開(更新:情報追記)

スポンサーリンク

フロム・ソフトウェアとアクティビジョンがタッグを組んだ新作『SEKIRO: Shadows Die Twice』が正式発表されました。2019年にリリース予定。プラットフォームはPS4/Xbox One/PCです。

本作は『デモンズソウル』や『ダークソウル』を手掛けた宮崎英高氏がディレクターを務める、日本の戦国時代が舞台のRPG要素を持ったアクションアドベンチャーです。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

デビュートレーラー

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE デビュートレーラー【2018 E3】

Activision Publishing, Inc.との共同開発でおくる本作の舞台は、和風を再解釈することで生まれた、枯れていながらも色鮮やかな戦国末期の日本。すべてを失った孤独な忍びの戦いを描く、アクション・アドベンチャータイトル。緻密に設計された立体的なマップを縦横に移動・探索し、プレイヤーの覚悟を問うような強大な敵に挑め。

ストーリー

時は戦国。
雪深い峠を超えた先に、葦名の国はある。
「聖剣」葦名一心が、わずか一代で国盗りをして興した、北国の雄である。
だが、その葦名は存亡の危機にあった。

一心の孫である、葦名の将は、窮状を憂い、自らの手勢に密かに告げた。
「もはや、寄せ手から葦名を守るための、尋常の術は無い」
「今こそ、あの皇子が必要だ」

かくて皇子は、囚われとなる。
皇子と言うが、その身は天涯孤独。家族も家臣も、なにもない。
ただ一人の忍びを除いては…。

これは、寄る辺なき、
孤独な主従の物語である。

スクリーンショット

SekiroSekiroSekiroSekiroSekiroSekiroSekiroSekiro
関連リンク

 ・SEKIRO: Shadows Die Twice|フロム・ソフトウェア公式サイト
 ・SEKIRO: Shadows Die Twice|Activision公式サイト