[E3 2018]『Fallout 76』11月14日に発売決定!完全オンラインだがソロプレイも可能。発射コードを集めて核ミサイルを打ち込むという要素も(更新:詳細追記)

ベセスダ・ソフトワークスは、PS4/Xbox One/PC用ソフト『Fallout 76』を11月14日に発売すると海外向けに発表しました。その他、ゲームの詳細についても明らかとなっています。

本作は完全オンラインタイトルですが、ソロプレイにも対応。専用サーバーが用意され、今後何年にもわたってサポートが継続されるとのことです。βテストの開催(※日本では実施未定)もアナウンスされています。ゲーム概要、Co-opトレーラー、E3 2018 トレーラーは以下へ。

<詳細は以下へ>

『Fallout 76』について

  • 舞台はウェストバージニア州。マップサイズは前作『Fallout 4』の4倍に及び、山脈から湿原まで6つのリージョンに分かれたオープンワールド。
  • 進化したレンダリング/ライティング技術、ダイナミックな天候システム。
  • 完全オンラインタイトルとなっており、道中で出会うキャラクターは全てプレイヤー。とはいえ、従来通りのソロプレイを貫くこともできる。
  • 出会う人々がみな有効的とは限らないため、ときには対人戦に発展してしまうような場合も。
  • もちろん逆に協力して強敵に立ち向かったり、広大な世界を共に旅したり、楽器演奏やエモートによる交流を楽しむことも可能。フォトモードを使って思い出に残すこともできる。
  • 死亡したとしても持ち物を失うようなペナルティはない。Todd Howard氏は本作を「ソフトコア・サバイバル」と表現している。
  • スーパーミュータントやグール、凶暴化したSloth(ナマケモノ)、巨大なコウモリのように飛び回るScorchbeastなど、様々な野生生物が登場。
  • 『Fallout 4』と同様に自由な拠点建設が可能。組立用移動基地「C.A.M.P」を使えば、マップ上のどこにでも居住地を作れるほか、自由に移住することもできる。
  • マップの各所には“核ミサイル”が配置されており、発射コードを揃えれば地域を指定して核ミサイルが発射可能。核ミサイルの威力は絶大で、危険や野生動物を排除したり敵対するプレイヤーの拠点を破壊することができるうえ、その土地からは希少な資源が見つかる可能性が生まれる。ただし、核が落ちた地域は放射能に汚染されてしまう。

Co-opトレーラー

FALLOUT 76 Online Trailer CO-OP (E3 2018) PS4/XBOX ONE/PC
FALLOUT 76 Online Trailer CO-OP (E3 2018) PS4/XBOX ONE/PC Follow me on Twitter - SUBSCRIBE - Subscribe to MKIceAn...

E3 2018 トレーラー

Fallout 76 – Official Trailer

Power Armor Edition トレーラー

豪華特典付き限定版『Power Armor Edition』紹介映像。

YouTube
関連リンク

 ・AUTOMATON