『FFVIIリメイク』の制作は“順調”と野村哲也氏がコメント。「思っている以上に動いてはいるので安心して」(※更新)

『ファイナルファンタジーVIIリメイク』に関する野村哲也氏の最新コメントが判明しました。

  • 次に情報を出すタイミングを計っている。
  • 方向性は内製に変更する前にほぼ決まっていて、順調に制作を進めている。
  • シナリオは当時の雰囲気を残しつつ、アバランチメンバーを始めとするキャラを深く掘り下げていたりもする。
  • 思っている以上に動いてはいるので、安心して続報をお待ち頂きたい。

ということで、新しい情報はありませでしたが「制作は順調」とのこと。また「思っている以上に動いてはいる」とも述べており、完成にはまだまだ時間がかかりそうですが、ひとまず動作する段階には達している模様。次に情報が発表される可能性があるとしたら、8月のGamescomか9月のTGSあたりでしょうか?

(※更新:より詳しいインタビュー内容が判明。これに伴い、記事の内容を一部変更しました。)