名作実写サウンドノベル『428~封鎖された渋谷で~』PS4版の日本発売日が9月6日に決定!ボーナスシナリオも収録

名作との呼び声が高い実写サウンドノベル『428~封鎖された渋谷で~』の国内発売日が9月6日に決定したことが判明。価格は3,800円で、ボーナスシナリオも収録(※もともと収録されている2本のボーナスシナリオを指しているのか、新たに追加されるのかは不明)しています。

昨年、スパイク・チュンソフトが海外向けに発表したPS4/Steam版が国内でも発売決定です。海外向けのアナウンストレーラーもご紹介します。

428: Shibuya Scramble PS4 Announcement Trailer

なお、Steam版は2018年夏発売予定です。

200X年4月某日、渋谷で突如起こった誘拐事件をきっかけに、登場人物たちの物語が動き出します。
幾重にも積み重なるストーリー、息をもつかせぬ展開、一瞬たりとも油断できない局面の連続がプレイヤーを惹きつけます。
5人の主人公のうち、一人の主人公の何気ない選択が、他の主人公を窮地に陥れたり、全員の運命を悲劇にするなど、主人公それぞれのストーリーが交差し、連鎖していきます。
プレイヤーは、誰のどの段階の、どの選択肢を選べばいいのかを推理しながら、全ての主人公をハッピーエンドに導いていきます。

【サウンドノベルとは?】
・サウンドノベル
文章を追っていくだけではなく、選択肢を選び、物語の流れを変えるマルチストーリー構造。それにシンクロする数々のリアルなサウンドと勢いのある映像……。
主人公達の息づかいが、事件の緊迫感が、テレビドラマでは味わえない新しい臨場感であなたを惹きつけます。

・深く、多角的に楽しめる
プレイヤーはさまざまな状況下にある主人公達の視点、シナリオを並行して見ることができます。
その中で「次にどのような行動をとるのか?」「何を考えるべきか?」など、多くの選択を迫られるのです。
その選択は直接主人公のシナリオを左右するだけでなく、別の場所にいる登場人物の未来にも大きな影響を与えます。
何気ない行動が他の誰かを追い込み、あるいは誰かを救う──
現実の世界のように関わりあい、影響しあう、そんなドラマがはじまります。

【ゲームシステム】
・KEEP OUT
ある主人公のシナリオの途中で、「KEEP OUT」と表示され、それ以上進めなくなることがあります。先に進むには、その場面に関係していそうなほかの主人公のシナリオを読み、赤く表示された文字を見つけてください。その文字から「JUMP」することで、「KEEP OUT」が解除されます。

・JUMP
現在進行中の主人公から他の主人公へ飛ぶ、重要キーワードです。キーワードを見つけたら、-ボタンを押してライン(下線)を引きます。そこでAボタンを押すと、ウィンドウが表示され、もう一度Aボタンを押すとJUMPします。