アルファ・システムの人気STG『式神の城』iOS版が配信開始

スポンサーリンク

shikigami-no-shiro_141003 (1)

コスモマキアーは、アルファ・システムが開発を手掛けた人気STG『式神の城』iOS版の配信を開始しました。価格は600円。移植を担当したのはSAMURAIゲームファクトリーです。

スポンサーリンク

ストーリー

2005年7月、東京にて連続猟奇殺人事件が発生した。
同月21日。31番目の被害者が発見。事態を重く見た警視庁はこの事件を特定犯罪第568号に認定、オカルトとの関連性を求めて
オカルト界の有力者をオブザーバーとして調査を開始する。
そして、23日。32番目の事件現場から物語が始まる。

ゲーム概略

3Dポリゴンを使用した、見下ろし型の縦画面縦スクロールシューティングゲームです。
プレイヤーは個性的な性能の異なるキャラクターの中から1人を選択し、全5ステージ(15セクション)をクリアする事を目的します。
プレイヤーは通常攻撃と特徴のある式神攻撃を使い分けて、ゲームを進行させる事となります。
各キャラクターには決められたストーリーが存在し、プレイ中にデモとして表示されます。キャラクター毎にエンディングも異なります。

ゲームコンセプト

個性的なキャラクターを使った本格的シューティング。
多くのボスを登場させ、バリエーションある展開とスコア稼ぎを面白くするゲームシステムで奥深い展開。
独自の世界観やストーリー。

ゲーム内容

コインを1個取得すると10pts入り、その後連続で取得し続けると1個取得する毎のスコアが10ptsずつ加算されてゆきます。
最終的には1個取得すると10000ptsスコアが入る様になります。ただし、1回でもミスをするとその値は10ptsに戻ってしまいます。
プレイヤーは、敵か敵の弾に触れるとミスになり、ライフが減少します。ライフが無くなった状態になると、ゲームオーバーとなります。
コンティニューをすると、ゲームオーバーになったその場からゲームを再開します。

テンション・ボーナス・システム搭載

テンション・ボーナス・システムは「式神の城」特有のシステムで、通称T.B.S。
自機の中心部分(当たり判定)に敵や敵弾が近いときに敵を撃破するとボーナスを得ることができる。
当たり判定と敵弾などとの距離が近ければ近いほどよりボーナスを得ることができ、最大8倍まで増加する。
通常攻撃では入手得点が増加し、式神攻撃時ではさらに出現コイン数が増加する。

攻撃

各キャラクター毎に異なる通常攻撃、ハイテンション攻撃は、オートショットに対応。
個性的な式神攻撃、派手なボンバー攻撃も用意されています。

スマートフォンの操作方法に最適化されたゲーム性

アーケード版の8方向レバー、2ボタン(ショット、ボム)を指先の操作に最適化!もちろん右手用左手用にコンフィグで変更可能です。
オートショットに対応しています。

2Pのキャラクターカラーを再現

本アプリは1Pプレイ専用ですが、2P用のキャラクターカラーにも変更することが可能です。

アーケード版の隠しキャラクターがデフォルトで選択可能

あのアルファシステムのファンにはおなじみの「???」というキャラクターがコマンド抜きで最初から選択可能になっています。

関連リンク
 ・式神の城|App Store