『世界樹の迷宮』シリーズ集大成かつ“お祭り”的な最新作が3DS向けに開発中!「これが3DSで下画面に地図を描く最後のシリーズ」

アトラスの人気ダンジョンRPG『世界樹の迷宮』シリーズ。その最新作が3DS向けに開発中であることが明らかとなりました。これは、同シリーズでディレクター・プロデューサーを務めてきた小森成雄氏のインタビューで語られたものです。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

小森氏の発言内容

小森氏は、『世界樹の迷宮』シリーズのファンから寄せられる声を聞いて「僕達はある意味で、毎回新しくすることにこだわりすぎていた面もあるのではないか」と感じたそうです。特にここ数ヶ月間はシリーズが10周年を迎えた関係などで、ファンの様々な声をSNSなどで見掛ける機会が増え、そこに溢れるシリーズに対する深い愛情を目の当たりにしたとのこと。そして、そんなファンの思いに応えるべく『世界樹の迷宮V』とはまた異なる“もうひとつの集大成”とも言えるような“お祭り”的な作品を届けたいという思いに至ったと話しています。また、「これが、ニンテンドー3DSで下画面に地図を描く、最後のシリーズ作品になります」とも述べています。

なお、この最新作に関する詳細については、正式発表をお待ち下さいとのことです。

『世界樹と不思議のダンジョン2』の発売と、『世界樹の迷宮』シリーズ10周年を記念し、アトラスの小森成雄氏にインタビュー。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事