『妖怪ウォッチ』シリーズ累計販売本数が700万本を突破!

slMSYhF6FSw.market_maxres

レベルファイブが2013年7月に発売し、今や知らない子供はいないほどの人気となった3DS用ゲーム『妖怪ウォッチ』。その活躍はゲームだけに留まらず、アニメや玩具、書籍、映画など様々な分野において大ブームを巻き起こしました。そんな3DS用ソフト『妖怪ウォッチ』シリーズの累計販売本数が700万本(※DL版含む)を突破したことが明らかとなりました。

また、玩具『妖怪メダル』は2015年3月末までに2億枚を出荷、関連書籍は1000万部以上出荷、映画興行成績76億円突破など輝かしい記録を残しています。レベルファイブは4月7日に開催する新作発表会において、早くもシリーズ最新作となる『妖怪ウォッチ3』を正式に発表する予定です。

また、発表会では『レイトン教授』シリーズの流れを汲むロールプレイパズル『レイトン7』や、ファンタジー世界で様々な職業に就き自由に生活を送るRPGの続編『ファンタジーライフ2』といった、どちらも好評を博したタイトルの続編(関連作)や、大型コラボタイトルを含む新作情報も発表。さらに『妖怪ウォッチ』に続く“次世代大型クロスメディアプロジェクト”も明らかにされます。日野社長は昨年末のインタビューで、この新作について「妖怪ウォッチ以上のヒットを飛ばす」と大きな自信を見せており、どのようなプロジェクトになるのか注目が集まっています。

新作発表会「LEVEL5 VISION」は4月7日18時より開催。会場の模様はニコニコ生放送を通じてライブ配信されます。

関連リンク
 ・LEVEL5 VISION 2015

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事