『キングダムハーツIII』「塔の上のラプンツェル」&「くまのプーさん」ワールド詳細がたっぷりのスクリーンショットと共に公開!

スクウェア・エニックスは2019年1月25日に発売を予定しているPS4/Xbox One用ソフト『キングダムハーツIII』について、「塔の上のラプンツェル」ワールドと「くまのプーさん」ワールドの詳細を公開しました。

「塔の上のラプンツェル」ワールド詳細

映画『塔の上のラプンツェル』の世界が舞台。幼い頃から塔の中で暮らしていたラプンツェルは、毎年誕生日に現れる空飛ぶ灯りを直接見たいと願っていた。
そしてついにフリンの協力のもとラプンツェルは塔を飛び出す。それを追う母、ゴーテルに、真XIII機関のマールーシャが協力を申し出る。彼の目的とはいったい・・・。

塔の上で暮らすラプンツェルは、毎年自分の誕生日に、遠く輝く灯りを間近で見ることを夢見ていた。
ある日「フリン」という男が塔に現れ、フリンの鞄を返す代わりに、街へ連れて行く取引をする。ハートレスやノーバディがあちこちに出没し、危険がいっぱいの外の世界へ出たラプンツェル。ソラ達とも出会い、何とか灯りを見る夢を叶えるが…。

ラプンツェルの「母親」だと名乗るゴーテル。何も言わず居なくなったラプンツェルを探し回っているようだ…。

ラプンツェルを「光」だと言い放つ、真XIII機関のマールーシャ。 何か企んでいるのか…?

ソラたちが様々な世界を旅している一方で、“黒い箱”を探している、マレフィセントとピート。何度かピートが黒い箱は見つけるも、マレフィセントが探している箱ではない様子。“黒い箱”の中には一体何が入っているのか…果たして見つけることはできるのか…?

ラプンツェル、フリンとの連携技!ラプンツェルの長い髪を駆使して、ハートレスを蹴散らせ!

「くまのプーサン」ワールド詳細

『くまのプーさん』シリーズの世界が舞台。
マーリンから”プーが住む絵本”の表紙に異変があると伝えられたソラは、その原因を調べるために100エーカーの森を訪れることに。そこでは困っているというラビットから相談を持ちかけられるが・・・。

ナンバリングタイトルではお馴染みの「100エーカーの森」が本作でも登場!他のワールドとは異なる絵のタッチにも注目!

困っているラビットを助けるソラ。花畑でのお手伝いは何か意味がありそうだが…?

ランピーが初登場!

「100エーカーの森」では、ミニゲームも!ランピーやティガー、ゴーファーが力を貸してくれる!

「100エーカーの森」で入手できるキーブレード「ハニートレンタ」!はちみつやミツバチ、ハニーポットなど、100エーカーの森を連想される演出が盛り沢山!