彩京STG新作『ストライカーズ2020(仮)』開発始動!

スポンサーリンク

シティコネクションとゼロディブは、ストライカーシリーズ最新作となる『ストライカーズ2020(仮)』の開発始動を発表しました。詳細は下記のとおりです。

  • 過去の名作を復刻するライブラリシリーズ(※Switch「彩京 SHOOTING LIBRARY」Vol.1が7月25日、Vol.2が8月29日に発売 )だけでなく、 同時に新作も作らなければと考えたのが企画のはじまり。
  • 彩京の新作で何を作るかと相談した時に、まずは「ストライカーズ」でしょという話になった。
  • プラットフォームは未定だが、マルチプラットフォームで展開予定。これにはアーケードも含まれる。
  • 縦画面モニター対応の縦シューになる。『ストライカーズ1945』や『ストライカーズ1945 II』に近い感覚になると思う。難度的にはシリーズ初プレイのユーザーが楽しめない可能性があるため工夫したい。
  • 本当に何も決まっておらず、タイトルも『ストライカーズ20XX』で発表しようかと迷っていたほど。今話していることが全て白紙となる可能性もある。
  • シリーズを楽しんでくれていたユーザーを後悔させない作品にしていることが一番大事。
  • 最新STGの情勢も取り入れるべき。今の時代に即したものを作るといった使命感は持っている。また、 “彩京弾”は彩京STGを作る上で絶対に外せない要素。
  • 彩京 だけでなくジャレコのタイトルも新作のラインを引いていく予定。
  • 割合はライブラリシリーズ3~4本に対して新作1本くらいを考えている。
Source: 4Gamer.net