クラウドファンディングで1,800万円以上の資金を集めた『リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース(仮)-』TGS2019に試遊出展決定!

スポンサーリンク

UNIVRSは、2020年6月に発売を予定しているPSVR/Oculus Quest・Rift/SteamVR用ソフト『リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース(仮)-』のプロトタイプ版をTGS2019に試遊出展すると発表しました。

スポンサーリンク

『リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース-』について

TRIGGER制作のアニメ『リトルウィッチアカデミア 』 は、魔法学校に入学した主人公“アッコ”が、失敗を繰り返しながらもさまざまな試練に立ち向かい、仲間とともに成長していく青春アニメ。そんな『リトルウィッチアカデミア』を原作に持つ本作は、アッコたちと一緒に空を自由に飛び回る“ドッキドキーのワックワクーなVRホウキレースゲーム”です。タッグを組んだパートナーによって魔法・アイテムなど演出が変化します。
UNIVRS独自の”酔いを防止する技術“(特許出願中)を採用。従来のVRゲームでプレイヤーの動きに制限をかけてきた“VR酔い”を極限まで軽減することで、プレイヤーがキャラクターと一緒にホウキで自由に空を飛び、魔法を駆使してレースをする“最高の飛行体験”が楽しめます。

Little Witch Academia – VR Broom Racing – (tentative title) Teaser Trailer

なお、本作はCAMPFIREおよびKickstarterで行ったクラウドファンディングでは合わせて1,800万円以上の支援金を集めました。

TGS2019に出展するプロトタイプ版について

発売に先駆けて少しでもゲームのイメージを伝えるため、「魔法を使う」「キャラクターと会う」「ホウキで空を飛ぶ」といった基本システムをシンプルにまとめたもの。体験時間は7~10分程度。

ブース来場者には、オリジナルポストカードをプレゼント。さらに、スタッフにTwitterのフォロー画面を見せればオリジナルステッカーもプレゼントされます。