サイバーコネクトツー、新たなアニメゲームプロジェクトを進行中。松山社長が明かす

スポンサーリンク

『ナルティメット』シリーズや『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル / アイズオブヘブン』などで知られ、2020年1月16日の発売が控える『ドラゴンボールZ カカロット』の開発も手掛けたサイバーコネクトツー。同社の新たなアニメゲームプロジェクトが既に始動していることが、松山社長の口から明かされました。

サイバーコネクトツー公式YouTubeチャンネルでは最近、松山社長がファンからの回答に答えるという動画が続々とアップされていますが、本日アップされた最新動画の中で「ナルティメットストームのようなアニメゲームを選ぶなら、どのゲームを選びますか?」という質問に対し、「答えられません。なぜならば既に考えて動いてやってるからです」と回答し、新たなアニメゲームプロジェクトの存在を明らかにしています。

実は9月20日に投稿された動画の中でも、「ゲーム化したい漫画作品」を問われ、「自分が作りたいと思ってるものは既に作ってます。発表できていないプロジェクトがいくつかありまして、やってます。その中にはいわゆるお預かりしている、我々が大好きな漫画原作のもので、初めて挑戦するものというのももちろん含まれてます。来たるべき時が来れば、ちゃんと発表させて頂きますので、ぜひ楽しみに待っててほしいなと思います」と回答していました。

Source: Gematsu