噂:『バイオハザード4』リメイク版が開発中 ─ 元プラチナ三並氏率いるM-Twoが開発を主導

スポンサーリンク

海外メディアVGCは、カプコンが『バイオハザード4』リメイク版の開発を本格的に始動したと報道しました。

  • 複数の関係筋によると、カプコンは2022年の発売を目指してリメイク版『バイオハザード4』の開発を本格始動した。
  • リメイク版の開発を担当するのは、元プラチナゲームズ代表取締役社長の三並達也氏が率い、 『バイオハザードRE:3』の開発にも携わったM-Two。なお、カプコン社内チームや外部スタジオが開発をサポートする可能性が高い。
  • カプコンは、オリジナル版ディレクター三上真司氏にリメイク版の開発指揮を依頼したが、三上氏はこれを辞退。ただし、外部アドバイザー的な立場で開発に関与する模様。
Source: VGC