任天堂、「ニンテンドーネットワークID」約16万アカウントが不正ログインを受けた可能性を報告 ─ NNID経由でのログイン機能が廃止に

スポンサーリンク

任天堂は4月24日、4月上旬頃から「ニンテンドーネットワークID」 (※以下NNID) に、なりすましログインを行ったと思われる現象が発生していること、そしてこのなりすましログインを利用し、NNID経由で一部の「ニンテンドーアカウント」に不正ログインされた事象があることを確認したと発表しました。

これを受け同社は、本日4月24日付でNNID経由でのニンテンドーアカウントログイン機能を廃止。また、不正ログインされた可能性があるNNIDやニンテンドーアカウントに対し、順次パスワードリセットを行うとしています。

同社の発表によると、不正ログインを受けた可能性があるNNIDは約16万アカウント。第三者に閲覧された可能性のある情報は、「ニックネーム」「生年月日」「国/地域」「メールアドレス」。また、NNIDに不正ログインされた影響により、NNIDが連携されているニンテンドーアカウント(二段階認証を設定しているものは除く)の「おなまえ」「生年月日」「性別」「国/地域」「メールアドレス」についても、第三者に閲覧された可能性があるとしています。なお、閲覧された可能性のある情報の中に、クレジットカード番号は含まれていないとのことです。