『Bloodborne』リマスター版がPS5とPCでリリース?VG247やPC Gamerなど海外大手メディアが噂を報道

スポンサーリンク

SIE JAPANスタジオとフロム・ソフトウェアが手掛けた名作アクションRPG『Bloodborne』のリマスター版が、PS5とPCでリリースされるという噂を海外大手メディアのVG247PC GamerGamesRadar+が報道しています。

  • 『Bloodborne』がPCにやってくる。現状としては噂が最も証拠に近い状態ではあるが、その可能性は高まっている。ソニーは既にPS4独占タイトルをPCにも展開しており、フロム・ソフトウェアの『Dark Souls』シリーズがSteamで大きな成功を収めていることを考えれば、『Bloodborne』のPC版の登場はおかしなことではないだろう。
    しかし、ネット上では情報が錯綜しており、その中から価値のある情報を得ることは難しい。そこで、物事をはっきりさせるために、全ての噂やPC版『Bloodborne』に言及するヒントを集めた。噂は本質的に真実ではない可能性を孕んでいるが、十分な人々が『Bloodborne Remaster』の発表に言及しており、希望的観測よりも実質的に見え始めている。
  • ストリーマーのCaseyExplosion氏は、以前から噂されていた『Bloodborne』PC移植に関する情報に100ドルの懸賞金(慈善団体への寄付)を掛けて募った。これにより、『Bloodborne』のPC移植は間違いなく実在していること、そして、その開発を手掛けたデベロッパーも明らかになったと報告。信頼できるソニー関係筋からの情報であり、『Bloodborne Remaster』は本来、開催が延期されてしまったPS5イベントで発表予定だったと伝えた。
  • ゲーム業界の著名インサイダーWario64氏とImran Khan氏が、PC版『Bloodborne』の登場を仄めかすツイートを行った。
    • Wario64氏「PCで『Bloodborne』をプレイするなら「PS Now」で…いや、もう少し待って下さい」
    • Imran Khan氏「噂のPC版『Bloodborne』について具体的にコメントするつもりはありませんが、フロム・ソフトウェアのファンは今後2年間で幸せになる理由がたくさんあると言っていいでしょう」
  • PC Gaming InqusitionというYouTuberは、『Bloodborne Remaster』がPS5とPCに間もなく登場すると主張する動画を投稿。『ワンダと巨像』のリメイクを手掛けたBluepoint Gamesと、『ダークソウル リマスタード』を手掛けたQLOCの2社が共同で開発を進めており、より良いテクスチャとモデル、ロード時間の短縮、QoL改善、60fps/4K、ウルトラワイド対応といった特徴に加え、PC版はSteamで配信されるだろうとの詳細も伝えた。これについて前述のストリーマーCaseyExplosion氏は、QLOCがプロジェクトに関与していることを認めるツイートを行った。
  • また、著名な業界インサイダーとして知られるWario64氏Nibel氏が、 PC Gaming Inqusitionの動画をツイートしたという事実は、噂の信憑性を高めてくれている。