PS4/Vita『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』11月26日発売か。Amazonにて予約始まる

スポンサーリンク

2020年春から発売日未定に延期された、日本一ソフトウェアのPS4/Vita用ソフト『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』ですが、新たな発売日が11月26日に決定したかもしれません。本日より、Amazonにて予約受付が始まっています。

『ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団』は、高い評価を得たダンジョンRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の制作スタッフによる続編です。

魔女ノ旅団”カヴン”を結成し、迷宮の踏破を目指す。
本作では、”カヴン”と呼ばれるキャラクターの集団を率いて迷宮探索を行います。カヴンは複数のキャラクター(人形兵)で構成され、所属するキャラクターやカヴンごとの特性により、様々な能力を有します。迷宮探索に連れて行けるカヴンは最大五つ。敵との戦闘は複数のカヴンの攻防によって展開します。

最大40人”+α”が戦闘に参加する集団戦。
戦闘に直接参加できるキャラクターはカヴンごとに3人ですが、カヴンによっては、最大8人のキャラクターが戦闘に関与することができます。カヴンの数5×8人-―最大40人が参加する集団線こそが、魔女ノ旅団の戦い方です。さらに、本作から+αの新たな戦力として、”ミラマキーナ”が登場します。”ミラマキーナ”を呼び出すと、各カヴンの前方に配置され、カヴンの”盾”となり、様々な能力で戦闘をサポートします。

敵が”視覚化”された迷宮を縦横無尽に探索。
探索の舞台となる迷宮は、プレイヤーの一人称視点で進む3Dダンジョンです。フィールド上の敵は”視覚化”された「敵のシンボル」となっており、接触すると戦闘が開始されます。敵と味方は同時に1マスずつ移動が可能なため敵との遭遇を避けつつ、高レアリティのアイテムを奪取してくる…といった冒険も可能になります。また、迷宮内の「壁」はスキル「壁壊し」により、破壊することも可能。自由な発想で探索できます。

関連リンク:ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団