『バイオハザード ヴィレッジ』4K&レイトレ、アダプティブトリガー、ハプティックフィードバック対応などPS5版の特徴が判明

スポンサーリンク

カプコンが2021年に発売を予定しているPS5/Xbox Series/PC用ソフト『バイオハザード ヴィレッジ』。米PlayStation公式サイトにてPS5版の特徴が掲載されました。

PS5版『バイオハザード ヴィレッジ』の特徴
  • 驚異的なビジュアル:『バイオハザード ヴィレッジ』の美しくも恐ろしい景色とロケーションを、レイトレーシング&4Kで探索(※ダイナミック4KとHDRに対応したテレビやディスプレイが必要)。
  • 高速ロード:PS5に搭載された超高速SSDパワーにより、ロード時間はほとんどなく感じることなく、中断したところからすぐに再開できる。
  • アダプティブトリガー:引き金の重さや引く感覚を得られることで、より没入感のある体験が可能。
  • ハプティックフィードバック:本物の銃を発射した時の感覚をシミュレート。
  • 対応ヘッドフォンによるテンペスト3Dオーディオテック:丁寧に作られた音楽とサバイバルホラーのサウンドがあなたを包む。3Dオーディオは、あらゆる方向から聞こえてくる身の毛がよだつような音を感じさせることにより、体験をより豊かなものにする。

ソース:PlayStation.com