『スーパーマリオ3Dコレクション』全世界累計521万本を販売

スポンサーリンク

任天堂は11月5日、2021年3月期第2四半期決算短信において、9月発売のNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ3Dコレクション』が全世界累計521万本を販売したと発表しました。なお、発売4週間のセルスルーは350万本以上とのこと。本作は、『スーパーマリオブラザーズ』35周年記念キャンペーン期間限定商品として9月18日に発売されたタイトル。N64用ソフト『スーパーマリオ64』、GC用ソフト『スーパーマリオサンシャイン』、Wii用ソフト『スーパーマリオギャラクシー』の3本をNintendo Switch向けにリマスターして1本にまとめたものであり、2021年3月末までの期間限定生産商品となっています。

また、7月発売のNintendo Switch用ソフト『ペーパーマリオ オリガミキング』は282万本、6月発売の『世界のアソビ大全51』は181万本、同じく6月発売の『ゼノブレイド ディフィニティブエディション』は140万本を販売しています。

あわせて主要タイトル販売実績も更新されたのでご紹介します。

主要タイトル販売実績
  1. マリオカート8 デラックス 2,899万本(6月末時点:2,674万本)
  2. あつまれ どうぶつの森 2,604万本(2,240万本)
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 2,110万本(1,999万本)
  4. ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 1,974万本(1,860万本)
  5. ポケットモンスターソード・シールド 1,902万本(1,822万本)
  6. スーパーマリオ オデッセイ 1,899万本(1,806万本)
  7. ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ 1,249万本(1,220万本)
  8. スーパーマリオパーティ 1,210万本(1,094万本)
  9. スプラトゥーン2 1,127万本(1,071万本)
  10. NewスーパーマリオブラザーズU デラックス 832万本(744万本)

ソース:2021年3月期第2四半期 決算説明資料