カプコン、新型ゲーム機「RETRO STATION」を正式発表。2021年3月発売予定

スポンサーリンク

カプコンは、同社公認の新型ゲーム機「RETRO STATION」を正式に発表しました。2021年3月発売予定。販売元は玩拓。価格は19,800円+税です。

「RETRO STATION」は、『ロックマン』シリーズから5本と『ストリートファイター』シリーズから5本の合計10タイトルを収録したゲーム機。外観デザインはロックマンとCRTディスプレイに由来し、カプコンのテーマカラーとLOGOデザインが融合しています。8インチの4:3LCDディスプレイを配置し、丁寧にカスタマイズしたジョイスティックとボタン、そして2つの音響システムレベルの重低音スピーカーを備え、クラシックゲームをプレイしながら、懐かしいゲーム音楽を堪能できます。

RETRO STATION 外観

材料: ABS プラスチック
画面: 8’ 4:3 LCD、1024×768
サイズ(mm): W238 x D270 x H234
オーディオ: 二つの10 Wのスピーカー 3.5mm イヤホンジャック
HDMI: TYPE-A*1
USB: TYPE-A * 2

収録タイトル

ロックマンシリーズ

  • Mega Man:The Power Battle
  • Mega Man 2:The Power Fighters
  • Mega Man Soccer
  • Mega Man X
  • Mega Man & Bass (JAPANESE CONSOLE VERSION)

ストリートファイターシリーズ

  • Street Fighter II
  • Street Fighter II’:Champion Edition
  • Super Street Fighter II
  • Super Street Fighter II Turbo
  • Super Puzzle Fighter II Turbo

特色

設計理念

RETRO STATIONは、ロックマンからインスピレーションを得て制作された。外観デザインはロックマンのデザインがモチーフ。サイズは決して大きくないが、特別にカスタマイズされたフルサイズジョイスティックとボタン、高品質な8インチ1024 x 768解像度の4:3のLCDディスプレイを搭載しており、素晴らしいゲーム体験が可能。 HDMIインターフェースを介して、より大きな画面でゲームをプレイすることもできる。

超重低音のサウンドシステム

RETRO STATIONには特別に設計されたスピーカー構造がある。10 Wの超重低音スピーカーを2つ搭載しており、高品質なゲームサウンドを体感することができる。RETRO STATION本体には一部ゲームのオリジナルサウンドトラックが収録されており、素晴らしいゲーム音楽が楽しめる。

友達とゲームをプレイする

別売りアクセサリー「RETRO STATION FIGHTSTICK」を使って、同じホストで同時に二人でゲームをすることが可能。別売りアクセサリー「PVP DONGLE」を使って、RETRO STATIONホストを2台無線接続し、短距離での無線オンライン対戦を行うこともできる。

ソース:公式サイト