『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』ロード時間短縮や不具合修正を含む更新データが配信。今後も様々な改善・対応を行うとプロデューサーが改めて約束

スポンサーリンク

マーベラスは本日3月16日、Nintendo Switch用ソフト『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』の更新データVer.1.0.3を配信しました。このアップデート内容は下記の通りです。

【「更新データVer.1.03」対応内容】

  • 一部、ロード時間の短縮
  • 施設への出入りの際の演出改修 ※新規
  • 一部、世界観を阻害するテキストの削除及び修正 ※新規
  • 通信をONにしていると進行不能になることがある不具合の修正
  • 特定条件を満たし、ペットを起こした後、家を出ると、進行不能になる不具合の修正
  • 特定条件を満たし、鉱山内で釣り竿を装備していると、進行不能になる不具合の修正
  • その他、軽微な不具合の修正 

これについて武村プロデューサーは、緊急的な対応措置がほとんどであり、以降はより全体の作品性や機能性を改善するためのアップデートに着手していくと言明。アップデート時期については、それぞれの目途が立った段階で逐次 案内していくとのこと。そして、現時点で予定している改善・対応項目を下記の通り明らかにしています。

【今後予定している「改修」「新規実装」項目】

  • ロード時間の更なる短縮
  • 処理負荷(カクつき)の軽減
  • 各種メーカーの仕様改善
  • 会話時における演出の改修
  • 食事演出のバリエーション追加
  • プレイヤーキャラクターの操作性向上
  • 各種テキスト(会話など)の修正および追加
  • 継続的な不具合の修正

上記以外にも牧場生活をさらに楽しんでもらえるような様々なアップデートを実施予定とのこと。改修の多くは、ユーザーから寄せられたシリーズ愛に溢れた意見をもとにしているそうで、「25周年の記念作品として相応しいゲーム」と感じてもらえるよう、開発チーム全員が作品と向き合っていくと熱意を見せています。

ソース:公式サイト