『モンスターハンターライズ』魅力を伝える短編動画シリーズ「映像見聞録」まとめ(更新:第10弾を追加)

スポンサーリンク

カプコンは3月26日に発売を予定しているNintendo Switch用ソフト『モンスターハンターライズ』について、その魅力を撮り下ろしの短編動画で紹介するシリーズ「モンスターハンターライズ 映像見聞録」をスタートしました。今後は毎週火曜と木曜に短編動画が投稿されていきます。

映像見聞録まとめ

映像見聞録10

「オサイズチ素材装備」の紹介。昔々、とある大盗賊が愛用した装備。自在に風を生み出したといわれ、その軽やかさを好んだ。随所に大盗賊のこだわりが伺える。

映像見聞録09

「ヨツミワドウ素材装備」の紹介。硬さに定評があり、水陸の両方で活動する河童蛙の素材を用いた専用防具。様々な環境に適応可能な造りを実現し使用者の身を守る。

映像見聞録08

「アケノシルム素材装備」の紹介。折り紙のように素材を折り込み重ね合わせた防具で、傘鳥の素材を巧みに重ね折った柔軟性と強度は折り紙つき。

映像見聞録07

カムラの里産のハンター用防具。この紺青の頭巾を巻くことが里を護る者の第一歩とされ、軽量かつ固い守りが特徴。里で生産された鉄や布を用い、使い手ごとに調整された一品。

映像見聞録06

オトモガルクのキャラメイクでは毛並み・目・耳・尻尾・ボイスなどが変更可能。これに加え、オトモアイルーのキャラメイクでは5種類のサポートタイプの選択もできます。

【第六項】『モンスターハンターライズ』映像見聞録 キャラメイクの紹介

映像見聞録05

アイテムのように使用することができる猟具生物を紹介。「アメフリツブリ」は緑色の大型のカタツムリ。取り出すと回復作用のある液を霧状に吹き出します。

【第五項】『モンスターハンターライズ』映像見聞録 猟具生物紹介 アメフリツブリ

映像見聞録04

テント内ではアイテムBOXメニューでアイテムの入れ替えや装備の変更が可能です。今後公開予定のオトモボードの利用や食事がおこなえます。

【第四項】『モンスターハンターライズ』映像見聞録 テント内行動の紹介

映像見聞録03

翔蟲を使い、ダメージを受けたときに体勢を立て直す「翔蟲受け身」があります。高速移動が可能な「疾翔け」、武器固有の技を繰り出す「鉄蟲糸技」など様々なアクションを行うことができます。

【第三項】『モンスターハンターライズ』 映像見聞録 翔蟲を使ったアクション

映像見聞録02

待機状態のオトモアイルーに近づくと触れ合うことができる。「なでる」「ネコジャラシ」など頭上に出てくる操作ガイドを参考にオトモと触れ合えば、狩りの合間の楽しいひと時に癒やされるでしょう。

【第二項】『モンスターハンターライズ』映像見聞録 オトモアイルーとの触れ合い

映像見聞録01

カムラの里にて特殊な訓練を受けハンターの良きパートナーとなったモンスター「オトモガルク」。背中にハンターを乗せたり、ハンターとの連携攻撃が得意で、狩猟を手助けしてくれる頼もしい存在。仮のサポートだけでなく触れ合うこともできます。

【第一項】『モンスターハンターライズ』映像見聞録 オトモガルクとの触れ合い