『ミアステール ~デズニフの遺跡~』Switch&Steamにて4月リリースへ ─ 『海腹川背Fresh!』などを手掛けたスタジオ最前線によるメトロイドヴァニアタイプのワイヤーアクション

スポンサーリンク

デジマースは『ミアステール ~デズニフの遺跡~』のSteamストアページをオープンしました。本作は、サクセスとスタジオ最前線が開発するメトロイドヴァニアタイプのスプリングワイヤーアクションです。

スポンサーリンク

昨年末にNintendo Switch用ソフトとして2021年春にリリース予定として発表されたタイトルですが、この度Steamでもリリースされることと、リリース時期が4月であることが明らかとなりました。

サクセスと共に開発を担当するスタジオ最前線は初代『海腹川背』の開発にも携わった近藤敏信氏が代表を務める会社。『海腹川背』Windows移植版や『海腹川背Fresh!』『海腹川背Bazooka!』の開発を手掛けています。

『ミアステール』は、ワイヤーを駆使して縦横無尽に遺跡を探索するメトロイドヴァニアスタイルのスプリングワイヤーアクションです。

世界には誰も知らない遺跡が未だ存在する―。

20XX年 某国、暗い森、
この世界に発せられる瘴気を帯びた魔素「ミアステール」の発生源を、王国情報部が発見。
王国は、ミアステール発生源を調査する専門機関「王立特殊遺跡調査部」の派遣を決定した。

現場へ調査に向かった第三調査部調査隊員 オーラ・モウキッシュ。

高濃度のミアステールによって動物は狂暴化し、遺跡は”デズニフ”と揶揄される盗掘団の手で暴かれていた。
その惨状を目にしたオーラの心には静かに苛立ちの火が灯る。

デズニフや狂獣をかい潜り、リボルバーとワイヤーを頼りに深層へ進むと、
その地中奥深くには、それまでとは文明の異なる遺跡が広がっていた。

深まる謎と世界を蝕むミアステールに阻まれ、オーラはまだ知らない。
地に堕ち、正史では語られることがなくなった”聖騎士団”の影を―。

***
『ミアステール ~デズニフの遺跡~』はステージを縦横無尽に展開する2Dスタイルのスプリングワイヤーアクションゲームです。
特殊遺跡調査隊員となったあなたはスチームパンクな装いの銃とワイヤー射出機を駆使し、広大な地下世界で調査行動を開始。
歴史的遺物”レリック”を集め、迫りくる狂獣、盗掘団”デズニフ”、さらに人智を超越したエネミーをかい潜り、遺跡の謎に迫ります。
最深部へ足を踏み入れ、次第に明らかになる遺跡に潜む厄災を排除し、ミッション・コンプリートを目指しましょう!

スポンサーリンク