旅アドベンチャー『風雨来記4』ゲームシステム詳細と探訪可能なスポットの一部が公開

スポンサーリンク

日本一ソフトウェアは、7月8日に発売を予定しているツーリングが楽しめる旅アドベンチャゲーム『風雨来記4』(PS4/Switch)について、詳細なゲームシステムおよび探訪可能なスポットを公開しました。

「どこかへ行きたい」を叶えるゲーム

PS4かSwitchがあればすぐに旅を始められる。ツーリング中は360度を眺められるので、実際にバイクで旅をしているかのような臨場感が味わえる。

岐阜県を旅する。魅力を見つける。

旅の舞台となる岐阜県は、全国有数の森林率を誇り、日本三大清流の一角を担う長良川をはじめ、自然豊かな土地。知られざる岐阜県の魅力を発見しに、各スポットを探訪しましょう。

マーキングで楽々ナビゲーション

目的地を決めず当て所なく走るのも旅の楽しみのひとつですが、まっすぐ目的地へ向かいたい場合に便利な機能を搭載。地図を開くと、探訪可能なスポットやそこまでの経路が確認できるほか、地図でスポットをマークしておけば経路をナビゲーションしてくれる。

スポットで写真撮影

各スポットでは、自由に写真撮影が楽しめる。撮影した写真は後述する記事作成で使用可能。写真撮影時にも360度を眺めることができるので、景色を自分の好きなアングルで切り取れる。

基本的にはプレイヤーの好きなタイミングで撮影できるが、イベント中しか撮影できない場面もあるため、シャッターチャンスを逃さないよう注意。

カメラには一眼レフとスマートフォンの二種類がある。どちらを使っても、撮影できる写真は変わらないが、自分のスタイルに合ったカメラを使えば、自分らしい旅が味わえる。

記事を投稿してコンペ上位を目指せ

プレイヤーは「のひコン」という記事コンペに参加する中堅ルポライターとなり、記事を投稿する。スポットで撮影した写真を添えて記事を作成しコンペ上を目指そう。

コンペの順位は、記事の出来栄えや採用したネタによって変化。また、記事には「いいね!」が押されたり、コメントが付いたりすることもあり、本当に旅ブログを書いているような気分が味わえる。

ゲーム中で探訪できる岐阜県のスポットを一部紹介

時代の流れを感じられる「岐阜」

岐阜県の県庁所在地である岐阜市は経済の中心。再開発で便利な住みやすい街へと成長しながらも、戦後の急成長の面影を残した町並みが魅力。

かつて織田信長の居城があった地「岐阜」

スポットは何度も訪れることで新たな側面が発見できることも。例えば岐阜では、かつて織田信長の居城でもあった岐阜城のある金華山を訪れることもできる。

清流を眺めながら森林浴で癒やされる「付知峡」

さわやかな木々の緑に囲まれた清流が見所の渓谷。岐阜県名水50選にも指定されている不動滝を眺めながら森林浴できる癒やしのスポット。