任天堂、過去に発売した商品を展示する資料館施設を京都宇治小倉に設置へ。2023年度の完成を予定

スポンサーリンク

任天堂は、任天堂宇治小倉工場用地および建屋を、同社が過去に発売した商品を展示する資料館施設として利用すると発表しました。「任天堂資料館(仮)」は、展示と体験を行う観光施設としての集客を目指し、2023年度(2024年3月期)の完成を予定しているとのことです。

1969年に「宇治工場」として建設され、1988年に現在の名称となった「宇治小倉工場」では、主にトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務が行われていました。しかし、2016年11月にそれらの業務が宇治工場に移管となり、用地および建屋の利用が検討されていました。

スポンサーリンク

任天堂宇治小倉工場用地の利用について

 任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:古川俊太郎)は、任天堂宇治小倉工場用地(京都府宇治市小倉町)および建屋を、過去に当社が発売した商品を展示する資料館施設として利用することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

 当社は以前より、当社のものづくりに対する考えを広くご理解いただくために、過去に発売した商品を展示する資料館施設の設置を検討しておりましたが、このたび、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市のご意向を受けて、宇治小倉工場を資料館施設としてリノベーションすることにいたしました。

 任天堂宇治小倉工場は、1969年に「宇治工場」として建設され、その後、現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)の建設と増改築に伴い、1988年に「宇治小倉工場」へ改称いたしました。宇治小倉工場では、主にトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務を行っておりましたが、2016年11月にそれらの業務を宇治工場に移管したため、用地および建屋利用を検討しておりました。

「任天堂資料館(仮称)」 完成イメージ図
 「任天堂資料館(仮称)」は、展示と体験を行う観光施設としての集客を目指し、2023年度(2024年3月期)の完成を予定しております。

任天堂について

日本の京都に本社がある任天堂株式会社は、1889年に創業し、1983年にファミリーコンピュータを発売して以来、現在ではNintendo Switchを代表とするゲーム専用機のハードウェアおよびソフトウェアを開発・製造・販売しています。任天堂はこれまで、世界中で7億9000万台以上のハードウェアと、50億本以上のソフトウェアを送り出し、ハード・ソフト一体型の展開を通じて、マリオ、ドンキーコング、ゼルダの伝説、メトロイド、どうぶつの森、ピクミン、スプラトゥーン等を生み出しました。任天堂は今後も「独創的な娯楽の創造」を目指して、ゲーム専用機を中心に、モバイルや映画、テーマパーク等を通じて「人々を笑